脱サラ開業した飲食店の7割が3年以内に廃業!失敗する人の特徴と成功のコツ、おすすめの業態

脱サラして飲食店を開業したいけど、失敗が怖い…。そんな悩みをお持ちの方へ。成功のコツやおすすめの業態、開業までの手順を徹底解説。失敗しやすい人の特徴と、今日から始められる準備・意識改革の方法も紹介します。脱サラ後の安定した生活を手に入れましょう!

飲食店の7割が3年以内に廃業、脱サラの成功率は低い

華やかなイメージとは裏腹に、飲食店は廃業率の高い厳しい業種です。飲食店の3年以内の廃業率は実に70%に達し、5年以内の廃業率は80%を超えるともいわれています。優秀な料理人や接客のプロであっても、経営者としてのスキルがなければ、開業直後に失敗してしまうケースも少なくありません。

脱サラして飲食店を開業することは、多くの人にとって夢であり、憧れです。しかし、甘い夢だけを見て安易に開業してしまうと、厳しい現実が待ち受けています。飲食店経営は、想像以上に体力と精神力を消耗する仕事です。長時間労働は当たり前ですし、顧客からのクレームや従業員のトラブルなど、さまざまな問題に直面することになります。

競争が激しい飲食業界で生き残るためには、確固たる経営理念と戦略が必要です。流行に左右されない独自のコンセプトを打ち出し、ターゲット顧客を明確に設定する必要があります。また、資金繰りの管理や人材育成など、経営に関する知識も不可欠です。

脱サラの飲食店開業で失敗する人の特徴

飲食店開業は、多くの人にとって夢であり、憧れです。しかし、甘い夢だけを見て安易に開業してしまうと、厳しい現実が待ち受けています。

脱サラして飲食店を開業し、成功を掴むためには、どのような特徴を持つ人が失敗しやすいのかを知ることが重要です。

ここでは、脱サラ飲食店で失敗する人の特徴を3つ紹介します。

こだわりが強すぎる

脱サラ飲食店で失敗する人の特徴の1つ目は、「こだわりが強すぎる」ことです。

たしかに、理想を追求し、自分らしさを表現することは大切です。しかし、こだわりが強すぎると、顧客のニーズを無視したり、経営を圧迫したりする可能性があります。

たとえば、メニューにこだわりすぎて顧客にとってわかりにくい構成になってしまうことがあります。また、食材にこだわりすぎて原価が高くなり、利益が出ないというケースもあるでしょう。

顧客にとって重要なのは、必ずしも高級食材や凝った料理ではありません。むしろ、清潔な店内、気持ち良い接客、リーズナブルな価格など、基本的な部分をしっかりと満たすことが大切です。

こだわりを持ちつつも顧客目線で柔軟に考えることが、成功につながる鍵となります。

家族の理解・協力を得ていない

脱サラ飲食店で失敗する人の2つ目の特徴は、「家族の理解・協力を得ていない」ことです。

飲食店経営は、想像以上に時間と労力を必要とする仕事です。開店準備や仕入れ、調理、接客、清掃など、さまざまな業務をこなす必要があります。休日出勤や深夜労働も少なくありません。

家族の理解と協力が得られなければ、仕事と家庭の両立が難しくなり、精神的な負担も大きくなります。場合によっては夫婦関係が悪化したり、家族との時間が確保できなくなったりして、お店を閉める決断をせざるを得ないこともあります。

脱サラして飲食店を開業する前に、家族としっかりと話し合い、協力してもらえるかどうかを確認することが重要です。家族の理解と協力があれば、困難な状況も乗り越え、成功を目指して突き進めるでしょう。

適切な相談相手がいなかった

脱サラ飲食店で失敗する人の3つ目の特徴は、「適切な相談相手がいなかった」ことです。

飲食店経営ではさまざまな問題や課題に直面します。資金繰り、人材確保、メニュー開発、顧客対応など、一人で抱え込むにはあまりにも多くの問題があります。

そのようなときに、相談できる相手がいなければ、不安やストレスを抱え込み、判断を誤ってしまう可能性があります。

適切な相談相手とは、たとえば経験豊富な飲食店経営者、経営面の悩みなら税理士のような専門家などのことです。フランチャイズに加盟し、本部に相談しながら経営ノウハウを身に着けていくのもおすすめです。

脱サラして飲食店を開業する前に、自分が困ったときに相談できる相手をリストアップしておきましょう。そうすることで、問題が発生した際にも迅速に対応でき、失敗を回避できます。

脱サラして飲食店を開業する手順

脱サラして飲食店を開業し、成功するには、綿密な準備と確固たる決意が必要です。ここでは、脱サラから飲食店開業までの具体的な手順を13に分けて紹介します。

これらの手順を一つひとつ丁寧に進めることで、夢の実現に近づけるでしょう。

本当に脱サラすべきなのかよく考える

飲食店経営は、華やかなイメージとは裏腹に、厳しい競争と長時間労働が求められる厳しい仕事です。

脱サラして夢を実現したいという気持ちは素晴らしいですが、その前に、本当に飲食店を開業すべきなのか、じっくり考えてみましょう。

まず、なぜ脱サラしたいのか、その理由を明確にしましょう。現在の仕事への不満なのか、新しい挑戦への意欲なのか、明確な理由を持つことが大切です。

次に、飲食店経営の現実を直視しましょう。長時間労働や体力的な負担、経営者としての責任など、想像以上に厳しい側面があることを理解しておく必要があります。

資金繰りについても慎重に検討しましょう。開業資金だけでなく、運転資金や生活資金まで、十分な資金を確保できる見通しがあるか確認しましょう。

そして、家族の理解と協力は不可欠です。脱サラと開業は、あなただけでなく家族の生活にも影響を与える決断です。家族があなたの夢を理解し、応援してくれるか確認しましょう。

最後に、リスクヘッジも忘れずに行いましょう。いざというときは前の会社に戻れるようにしたり再就職の準備を整えておいたり、経営がうまくいかない場合の対策を事前に考えておくことで、万が一の事態にも対応できます。

これらの点をしっかりと考えたうえで、それでもなお脱サラして飲食店を開業したいという強い意志があれば、次のステップへと進むべきでしょう。

開業する業種や業態を選ぶ

一口に飲食店といっても、業種や業態はさまざまです。ラーメン店、居酒屋、カフェ、レストランなど、それぞれ異なる客層、メニュー、設備、経営ノウハウが必要となります。

まずは、自分が得意なことや好きなこと、ターゲットとなる客層などを考慮しながら、開業する業種や業態を絞り込みましょう。

ターゲット層は年齢層や性別、家族構成、ライフスタイルなどを考慮し考えましょう。競合店の状況も重要です。出店予定エリアにおける競合店の状況を調査し、差別化できる業種や業態を選びましょう。

開業資金も忘れてはいけません。業種や業態によって、必要な開業資金が大きく異なります。資金計画を立てながら、現実的に実現可能な業種や業態を選びましょう。

開業する方法を選ぶ

脱サラして飲食店を開業する方法は、大きく分けて独立開業・フランチャイズ加盟・暖簾分けの3つがあります。

独立開業はすべてを自分で決めて開業する最も一般的な方法です。自由度が高く、自分の理想のお店を作ることができます。しかし、資金調達や経営の勉強など、すべてを自分でしなければなりません。

フランチャイズ加盟は、知名度のあるブランドのフランチャイズに加盟する方法です。ノウハウやサポートが充実しており、比較的成功しやすいといわれています。しかし、本部へのロイヤリティや制約がある点は覚えておきましょう。

暖簾分けは既存の飲食店で修行を積み、暖簾分けさせてもらう方法です。経験やノウハウを学べる一方、独立開業よりも選択肢が限られます。

お店のコンセプトやターゲットを考える

どんなお店にするのか、誰に来てもらいたいのかを明確にすることは、飲食店経営において非常に重要です。コンセプトやターゲットによって、必要な設備やメニュー、価格帯などが大きく変わってくるからです。

自分の強みや好きなことを活かせるか、ターゲットとなる客層はどんな人で、出店予定地の競合店の状況はどうなのか。これら3つの要素を軸に、お店のコンセプトやターゲット層を考えてみましょう。競合店がすでに囲い込んでいるターゲット層を避けること、その地域でまだ満たせていないニーズを満たすことなどを意識しましょう。

事業計画書を作る

事業計画書は、飲食店経営において非常に重要な役割を果たします。開業資金の調達、物件探し、人材採用など、さまざまな場面で必要となります。また、事業計画書を作成することで、自分のビジネスプランを整理し、客観的に評価できます。

ただし、事業計画書はあくまでも現時点での計画書です。このことを忘れずに、経営状況に応じて柔軟に修正していくことが大切です。

物件を探す

立地は客足に大きく影響するため、物件探しの際には慎重に検討しましょう。考慮すべきポイントは、ターゲットとなる客層、競合店の状況、アクセス、広さ、設備、賃料などです。

ターゲットとなる客層がどこに多く住んでいるのか、どこに集まるのかをよく調べましょう。たとえば、ファミリー層をターゲットにする場合は、駅から近く、駐車場がある場所が理想的です。その一方で、ビジネスパーソンをターゲットにする場合は、オフィス街に近い場所がおすすめです。

競合店の状況も確認します。競合店が近くにないか、少ない場所を選びましょう。競合店が多い場合は、差別化できるコンセプトやメニューで勝負する必要があります。

もちろん、アクセスしやすさも大切です。駅やバス停から近い、車でのアクセスがしやすい場所を選びましょう。アクセスが悪いと、客足に大きく影響します。

資金調達をする

開業資金や運転資金が足りなさそうなら、資金調達を考えましょう。脱サラして飲食店を開く場合、融資と助成金・補助金が主な選択肢となります。

銀行や日本政策金融公庫などから融資を受ける方法は多額の資金調達に適していますが、返済のリスクがあることや事業計画書の提出が必要なことなど、デメリットも多いです。

まずは活用できる助成金・補助金がないか探してみるといいでしょう。これらは国や自治体からの事業支援金で、返済不要であるためリスクがありません。 すべての業態が対象となるわけではありませんが、条件を満たせば申請できます。

ただ、いずれにしても自己資金はなるべく多めに用意しましょう。 融資の審査は自己資金が少ないと通りづらくなり、補助金・助成金は基本的に後払いのため、まずは自己資金で経費の支払いを済ませなければなりません。

内装工事

内装工事は店舗のイメージを形作る重要なステップです。コンセプトやターゲットに合った空間をつくり上げることで、顧客に魅力的な印象を与え、集客や売上向上につなげられます。

お店のコンセプトを明確にし、それに合ったデザインを検討しましょう。厨房や客席の動線を考慮し、機能的な空間を作ることも意識したいです。これらの要素に加え予算も明確にし、それに合ったプランを立てましょう。

仕入れ先の確保

飲食店にとって、食材や酒類などの仕入れ先は、安定した経営を左右する重要な要素です。品質や価格、納期などを総合的に判断し、信頼できるパートナーを見つけることが求められます。

適正な価格で仕入れられるかどうかは、利益率に直結します。複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。ただし、価格の安さだけにとらわれず、品質とのバランスも重要です。

注文した商品を確実に、そして必要なタイミングで納品してくれる業者を選びましょう。特に、鮮度が重要な食材の場合は、納期が厳守されるかどうかが重要になります。

人材の採用と教育

飲食店にとって、人材は味やサービスと並んで顧客満足度を左右する重要な要素です。優秀な人材を採用し、適切な教育を施すことで、お店の魅力を高め、売上向上につなげられます。

お店のコンセプトやメニューに合った「求める人物像」を明確にしましょう。経験やスキルだけでなく、人柄やホスピタリティも重要なポイントです。採用方法は求人広告や求人エージェント、紹介などさまざまな方法を検討し、自分に合った方法を選びましょう。

しっかりと面接を行い、応募者のスキルや経験だけでなく、人柄や熱意もしっかりと見極めましょう。

各種届出

飲食店を開業するには、保健所への「飲食店営業許可申請」をはじめ、消防署への届出など、さまざまな手続きが必要です。

開業する地域や業態によって必要な届出は異なります。事前にしっかり確認し、漏れのないように手続きを進めましょう。必要な届出と手続きの流れはこちらの記事で解説しています。

プレオープン

プレオープンはグランドオープン前に関係者や友人などを招き、本番さながらの営業を行うことです。オペレーションやサービスの確認、料理の味や提供時間のチェックなど、最終的な調整を行います。グランドオープンに向けて、課題を見つけ改善することで、スムーズなスタートを切れます。

オープン

いよいよ迎えるグランドオープン。これまでの準備の集大成です。

オープン初日は、特に宣伝やプロモーションに力を入れることで、多くの来店客を集めましょう。オープン後も利用客の声に耳を傾け、改善を続けながら、地域に愛されるお店を目指しましょう。

脱サラして飲食店で成功するためのポイント

会社員として忙しい日々を送る中で、今すぐにでも脱サラしたいと願う人もいるでしょう。しかし、「急がば回れ」ということわざがあるように、脱サラを成功させるには事前準備が大切です。

脱サラして飲食店を開業し、成功するにはどうすればよいのか。今日から始められる準備と心がけを紹介します。ここまで紹介してきた失敗する人の特徴や開業までの手順を念頭に置きながら、読み進めてください。

しっかり貯金する

脱サラして飲食店を開業するには、まとまった資金が必要です。貯金は多ければ多いほど、開業後の経営を安定させ、万が一の事態にも対応できます。

開業資金は、自己資金と借入金のバランスが重要です。自己資金が少ないと、借入金の返済負担が大きくなり、経営を圧迫する可能性があります。

十分な貯金があれば、借入金を減らし、金利負担を軽減できます。また、運転資金に余裕を持たせることで、売上低迷時にも対応できるようになります。

さらに、生活費として少なくとも6ヵ月分の貯金があると、開業後の生活も安心です。脱サラしてすぐにビジネスが軌道に乗ることは少ないため、せっかく開いたお店を続けるためにも家族を不安にさせないためにも、生活費はしっかり貯めておきましょう。

十分な貯金は精神的な余裕にもつながり、経営判断を冷静に行うためにも重要です。

スモールスタートする

飲食店を開業する際は、最初から大規模な店舗を構えるのではなく、スモールスタートでリスクを抑えることが大切です。

小規模な店舗や移動販売など、初期投資を抑えられる業態を選ぶことで、開業資金の負担を軽減できます。小規模な店舗であれば、オペレーションや経営のノウハウを学びながら、徐々に規模を拡大していくことも可能です。

スモールスタートはリスクを抑えながら経験を積み、経営の基礎を固めるための有効な手段です。

会社員のうちから、キッチンカーのような業種を土日のみの副業として始めるのもいいでしょう。脱サラ前に経験を積み、開業後のイメージを具体的にすることで、成功の可能性を高められます。

経営について学ぶ

飲食店を経営するには、料理のスキルだけでなく、経営に関する知識も必要です。

簿記や会計、労務管理、マーケティングなど、幅広い知識を身につけることで、経営の安定化を図れます。経営に関する書籍を読んだり、セミナーに参加したり、専門家のアドバイスを受けるなど、さまざまな方法で学べます。

また、実際に飲食店でアルバイトや社員として働くことで、現場の経験を積むことも有効です。

経営に関する知識を深めることは、リスクを最小限に抑え、脱サラを成功へと導くための重要なステップです。

マーケティングを学び実践する

飲食店を成功させるためには、マーケティングが欠かせません。ターゲット顧客を設定し、効果的な宣伝・広報活動を行うことで、集客力を高められます。

SNSを活用した情報発信や、クーポンやキャンペーンの実施など、さまざまなマーケティング手法があります。

ターゲット顧客のニーズを把握し、それに合わせたマーケティング戦略を立てることが重要です。

また、マーケティングの効果測定を行い、改善を繰り返すことで、より効果的な集客につなげられます。

開業前にしっかり情報収集する

飲食店を開業する前に、徹底的な情報収集を行いましょう。

競合店の調査、市場動向の分析、顧客ニーズの把握など、さまざまな情報を収集することで、開業後の戦略を立てることができます。インターネットや書籍、セミナーなど、さまざまな情報源を活用しましょう。

また、実際に飲食店に足を運び、雰囲気やサービス、客層などを観察することも大切です。

フランチャイズに加盟する場合は、各チェーンの情報を比較検討することも欠かせません。

開業資金やロイヤリティ、サポート体制、経営ノウハウなど、さまざまな情報を収集し、自分に合ったフランチャイズを選びましょう。

情報収集は、開業後の成功を左右する重要な要素です。時間をかけて、多角的な視点から情報を集めましょう。

脱サラで飲食店を開きたい人におすすめの業種・業態

脱サラして飲食店を開業する場合、どのような業種・業態を選ぶかが成功の鍵を握ります。初期費用を抑えたい、自分のペースで働きたいなど、脱サラ後の働き方は人それぞれです。

ここでは、脱サラ後のライフスタイルに合わせ、おすすめの業種・業態を紹介します。

キッチンカー

キッチンカーは、初期費用を抑え、自分のペースで働きたい人におすすめの業態です。店舗を構える必要がないため、家賃や内装費などの固定費を大幅に削減できます。また、出店場所を自由に選べるため、イベントやオフィス街、住宅地など、さまざまな場所で営業できます。

SNSなどを活用して、出店場所やメニューを発信することで、集客効果を高めることも可能です。自分の得意な料理やこだわりの食材を生かし、オリジナリティあふれるお店づくりに挑戦できます。

最近はフランチャイズの募集も多いです。キッチンカーのフランチャイズにはロイヤリティが不要なチェーン、出店場所を紹介してもらえるチェーンなども多く、加盟するメリットは大きいです。

キッチンカーのフランチャイズが気になる方にはこちらの記事もおすすめです。

弁当屋

弁当屋は安定した需要が見込めるため、脱サラ後の安定収入を求める人におすすめの業態です。

最近の社会情勢を見るに、飲み会の減少、タイパ(タイムパフォーマンス)や健康を重視する人が増えていることなど、コンビニではなく「弁当屋の弁当」に対するニーズが高まっています。

これらのニーズを踏まえ、オフィス街や学校、病院など、さまざまな場所に固定客を獲得できる可能性があります。メニューのバリエーションを増やしたり、ターゲット層とコンセプトを明確にしてメニューを限定したり、戦略の幅も広いです。

配達サービスを導入すれば、さらに販路を拡大できます。

広い店舗が必要ないため初期費用を比較的抑えられ、調理スキルを生かせるため、脱サラ後のキャリアチェンジとしても魅力的な選択肢です。

弁当屋のフランチャイズが気になる方にはこちらの記事もおすすめです。

テイクアウト・デリバリー専門店

テイクアウト・デリバリー専門店は、コロナ禍で需要が急増し、今後も成長が見込まれる業態です。

店舗を持たない、もしくは小規模な店舗で運営できるため、初期費用やランニングコストを抑えられます。また、デリバリーサービスと提携することで、集客の幅を広げられます。

人気のメニューに特化したり、ヘルシー志向のメニューを提供したりと、ターゲットを絞った専門店として差別化を図ることもできます。SNSやWebサイトを活用した情報発信で、効果的な集客も可能です。

時代のニーズに合わせた柔軟な対応で、新たなビジネスチャンスを掴めるでしょう。

脱サラでの飲食店開業にはスモールスタートがおすすめ!

脱サラして飲食店を開業する夢を叶えるには、入念な準備と計画が必要です。

開業資金の確保、業種・業態の選択、マーケティング戦略の立案など、さまざまな課題を乗り越えなければなりません。

しかし、最初から完璧を求める必要はありません。スモールスタートで始め、経験を積みながら徐々に規模を拡大していくことも可能です。

キッチンカーや弁当屋、テイクアウト・デリバリー専門店など、初期費用を抑えて開業できる業態もあります。まずは、自分のスキルや経験、資金に合わせて、無理のない範囲で始めましょう。

リスクヘッジを考えるなら、フランチャイズへの加盟もおすすめです。

記事後半の「脱サラで飲食店を開きたい人におすすめの業種・業態」には、各業態のおすすめフランチャイズを紹介している記事へのリンクを入れています。

フランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

弁当屋が儲かる3つの理由とは?売上・利益アップのポイント、未経験から稼げるフランチャイズ3選

固定費が低い弁当屋はほかの飲食店に比べて儲かりやすいです。本記事では弁当屋が儲かる理由を社会情勢を踏まえて解説。弁当屋を開き、稼ぐために大切な3つのポイントや立地の選び方、未経験からリスクを抑えて開業できるフランチャイズも紹介します。

ほかの飲食店より弁当屋が儲かりやすい理由

弁当屋はほかの飲食店と比べて初期投資や運営費が低く抑えられる、収益性が高いビジネスです。競合が少ないため集客しやすく、現代社会の健康志向や忙しい生活スタイルに合ったサービスを提供できることも、弁当屋が儲かりやすい理由のひとつです。これらの「弁当屋が儲かる理由」について詳しく解説します。

固定費が低い

弁当屋は固定費がほかの飲食店に比べて低く、利益を上げやすいです。弁当屋はテイクアウトがメインのため、店舗スペースが小さく済み、賃料や光熱費を抑えられます。テーブルや椅子などの備品への投資も不要。接客を担当するスタッフが少ないため、人件費も最小限で済みます。

このように、弁当屋は全体的に固定費が低く抑えられるため、初期投資と運営費の面で優位性が高いです。

ライバルが少ない

弁当屋はほかの飲食店と比べてライバルが少ないため、競争も緩やかです。レストランやカフェなどの飲食店は、多くの業者がひしめき合っていますが、弁当屋はその競争から少し距離を置いているといえます。特に、オフィス街や住宅地などでは弁当屋の存在感が大きく、リピーターを獲得しやすいです。

社会的にニーズが高まっている

弁当屋が儲かるもうひとつの理由は、社会的にそのニーズが高まっていることです。

忙しい現代社会では、時間をかけて食事をとることが難しい人が増えています。そのため、手軽に食事を済ませられる弁当へのニーズが高まっています。テレワークの普及、学校や職場での行事など、家庭外での食事の機会が増えたことも、弁当のニーズを押し上げています。

また、個別包装で提供される弁当には衛生面で安心感があります。外食や飲み会の機会が減ったこともあり、コロナ禍以降の社会でニーズが高い業態といえます。

最近は健康志向の高まりにより、栄養バランスを考慮した弁当、低カロリー・高タンパク質のメニューなど、弁当屋へのニーズも多様化しました。新しいニーズを捉えることで、より儲かる弁当屋をつくっていけるでしょう。

弁当屋で儲けるために大切な3つの要素

弁当屋で成功するためには、売上を上げつつコストを抑えるための戦略が欠かせません。その中でも、店舗の立地、ビジネスのコンセプト、そして原価率の管理が特に重要です。これら3つの要素は、弁当屋のビジネスを安定させ、持続的な成長を実現するための基盤となります。

立地

弁当屋で儲けるためには、立地が非常に重要です。人通りの多い場所や、ターゲットとなる顧客層が集まるエリアに店舗を構えることが成功のカギです。駅前やオフィス街では、忙しいビジネスパーソンや通勤客が顧客となり、安定した売上を見込めます。住宅地では、家庭向けのニーズに対応した弁当が求められます。

立地を選ぶ際には、周辺の交通状況や駐車場の有無、近隣の競合店などを考慮し、多角的に考えましょう。二等立地のような家賃が低めの場所を選び、固定費を抑えつつ独自の集客戦略を展開することも可能です。

コンセプト

弁当屋で儲けるためには、店舗のコンセプトが大切です。明確なコンセプトがあると、顧客に自店の強みを伝えやすくなり、リピーターを増やす効果も期待できます。たとえば健康志向のコンセプトなら、低カロリーやオーガニック食材を使用したメニューが考えられます。ボリュームを求める顧客には、お得なセットや特盛サイズなどが魅力的でしょう。

弁当屋のコンセプトは、地域性やターゲット層に合わせて設定するのが効果的です。住宅地なら家族向けのメニューや子どもが好むおかずを取り入れると良いでしょう。オフィス街なら忙しいビジネスパーソン向けに、安価でサッと食べられる商品を提供するのがおすすめです。

原価率

弁当屋で儲けるために、原価率の管理は非常に重要です。原価率は売上に対する材料費の割合を示し、この比率が低ければ利益が出やすくなります。弁当屋の原価率は35%ほどが目安といわれています。

原価率を抑えるためには、効率的な仕入れが重要です。食材のまとめ買いや季節の特売品を活用するなど、費用を抑える工夫が欠かせません。

在庫管理やロスを最小限に抑えることも、原価率の改善につながります。天候やイベントの開催状況などを考慮しながら販売・在庫データを分析し、適切な在庫数を維持できるよう心がけましょう。

弁当屋で儲けるための立地選び

弁当屋で儲けるためには、立地選びが重要です。立地によってターゲットとなる顧客層や、ビジネスの展開方法が大きく変わるからです。駅前やオフィス街、二等立地など、弁当屋に適した立地について解説します。

駅前

駅前の立地は、弁当屋にとって非常に魅力的です。多くの人が行き交うため集客がしやすく、通勤・通学途中に弁当を購入する人をターゲットにできます。駅前はオフィスビルや商業施設が多いため、人々の流れが絶えず、早朝から夜まで幅広い時間帯で集客が可能です。

駅前ではランチタイムだけでなく、夕方や夜に仕事帰りの人々が利用することも期待できます。交通アクセスが良いため、新規顧客の獲得にも有利です。

これらのことから、駅前の立地は弁当屋にとって安定した売上を確保しやすい場所といえます。

オフィス街

オフィス街も、弁当屋にとって儲かる立地です。ビジネスパーソンが多く集まるため、ランチタイムに需要が集中する傾向があります。昼食時に短時間で多くの弁当を売ることで、効率的な営業が可能です。また、オフィス街では多くの企業が立地しているため、企業向けのデリバリーサービスも展開しやすいです。

オフィス街は定期的なリピーターを獲得しやすく、口コミや評判によって顧客を増やせるでしょう。最近は飲み会が減り、惣菜や弁当を買って自宅で晩酌をする人も増えたので、夕方の売上も期待できます。

二等立地

二等立地は、弁当屋にとってコストを抑えながらも安定した収益を得られる立地です。主要な通りや繁華街から少し外れた場所に位置するため、家賃が比較的低く、固定費を抑えられます。

このような立地の弁当屋は目立ちづらく人通りも少ないため、自然な集客は難しいかもしれませんが、工夫次第でリピーターを増やすことは可能です。看板や宣伝活動を強化したり、特定の顧客層にアプローチしたり、他店との差別化を図ることで十分な集客が見込めます。

また、土地が大きく駐車場のある二等立地は、車の利用者をターゲットにしやすいです。固定費を抑えつつ、地域に密着した弁当屋を目指すなら、二等立地は魅力的な選択肢といえます。

住宅地

住宅地は、弁当屋にとって家族や主婦層をターゲットにしたビジネス展開ができる立地です。子育て中の親はもちろん、近年増えた在宅ワーカーやフリーランスなどが主な顧客となります。

そのため、家庭向けのメニューやボリューム感のある弁当が好まれます。惣菜のラインナップを充実させるのもいいでしょう。夕食用に弁当を購入する人も多く、昼食時だけでなく夕方以降にも売上のチャンスがあるのが特徴です。

住宅地では、地域とのつながりを大切にすることが成功の秘訣です。地元のイベントに参加したり、地域限定のキャンペーンを実施したりして、コミュニティに溶け込むことを心がけましょう。また、口コミやリピーターを増やすために、温かみのある接客や特典を提供することが大切です。

これらの取り組みにより、安定した顧客ベースを築けます。地域に密着したビジネスとして長く続けられるでしょう。

デリバリー特化の場合

デリバリー特化型の弁当屋は、店舗の立地にとらわれずにビジネスを展開し、幅広い地域に顧客を持てます。

直接の来店客を想定しないため、店舗の面積を最小限に抑え、賃料や光熱費も削減できます。また、店内の装飾や接客のための人員が不要なため、固定費や人件費も低く抑えられます。

デリバリー特化型の弁当屋では、配送の効率性が重要です。デリバリー体制を整えること、オンライン注文システムや配達パートナーとの連携が欠かせません。

広告・宣伝も重要です。SNSやウェブ広告を活用して、デリバリー需要のある地域に効果的な宣伝を行うことで、集客力を高められます。

デリバリー特化型の弁当屋は、デリバリーへのニーズが急増したこと、柔軟なビジネスモデルであることから注目されています。立地に縛られず、効率的に顧客を増やしたいなら、このモデルは有望な選択肢といえるでしょう。

フランチャイズの弁当屋が儲かる4つの理由

フランチャイズの弁当屋は、個人経営に比べて成功しやすいといわれています。ブランドの知名度や本部からのサポート、そしてスケールメリットを活用できるからです。これにより、集客力やビジネス運営の効率が向上し、安定した収益を得やすくなります。

フランチャイズの弁当屋が儲かる4つの理由について詳しく説明します。

チェーンの知名度で集客できる

フランチャイズの弁当屋が儲かる最大の理由は、チェーンの知名度を活かして集客できることです。有名なブランド名やロゴは多くの人に認知され、消費者はその名前に信頼感を感じます。そのため、新規開店時から一定の顧客を確保しやすく、口コミやリピーターも増えやすくなります。

また、チェーン店同士での情報共有や共同キャンペーンなども、集客の一助となります。こうした知名度の強みを活用することで、フランチャイズの弁当屋は、安定した売上を得られるのです。

本部による集客施策に乗れる

フランチャイズの弁当屋は、本部による集客施策に乗ることで、効率的にビジネスを展開できます。

本部はマーケティングの専門家を抱え、効果的な広告戦略やプロモーション活動を展開します。その結果、個々の店舗は自分たちで広告を打つ手間や費用をかけずに、効果的な集客が可能です。

また、本部の集客施策には、全体的なブランドイメージを向上させる役割もあります。たとえばテレビCMやSNSキャンペーン、イベントの開催など、本部の資本を活かした大規模な施策が可能です。

フランチャイズ店舗はこうした施策に参加することで、より多くの顧客にアプローチでき、売上を伸ばすチャンスが広がります。

ノウハウ提供やサポートがある

本部からのノウハウ提供やサポートがあるフランチャイズなら、飲食業や弁当屋の経験がなくても成功しやすいです。

フランチャイズ本部は長年の経験と実績から、弁当屋の経営に必要な知識やスキルを蓄積しています。儲かる仕組みも確立されています。加盟店は本部からの指導やトレーニングを受けることで、未経験からでも安心してビジネスをスタートできます。

具体的にはメニューの開発や食材の管理、衛生基準の遵守、顧客対応のスキルなど、弁当屋運営に欠かせないノウハウを提供してもらえます。開業準備やマーケティング、経営に関するアドバイスも受けられるため、初期段階から安定した経営を実現しやすいです。

スケールメリットにより仕入費を抑えられる

フランチャイズの弁当屋が儲かる理由として、スケールメリットによる仕入れ費用の削減が挙げられます。

フランチャイズ本部は、多くの加盟店と共に大量の食材や資材を一括で仕入れるため、単独で購入するよりも割引価格で調達できます。このスケールメリットによって、原材料費や包装資材などのコストを抑え、利益率の向上が可能です。

スケールメリットによる仕入れの安定性も魅力です。大量に仕入れることで、食材の供給が安定し、季節変動や価格変動の影響を受けにくくなります。これにより、一定のコストで品質の高い弁当を提供できるため、利益率だけでなく顧客の満足度も向上します。

儲かる弁当屋フランチャイズ3選

弁当屋フランチャイズのなかでも儲かるフランチャイズを、「知名度が高い」「儲かる仕組みが確立されている」などの視点から厳選して紹介します。

ほっかほっか亭

ほっかほっか亭
  • 圧倒的な知名度と集客力
  • 効率的な店舗レイアウトによる低資金開業
  • リスクを抑えて開業できる直営店のレンタル制度

ほっかほっか亭は言わずと知れた弁当屋の大手です。まだ「中食」という言葉がなかった頃から中食ビジネスでフランチャイズシステムを導入し、サービス品質の向上とフランチャイズオーナーの儲かる仕組みづくりを追求してきました。

40年以上にわたるチェーン運営のなかで改善を重ね、ほっかほっか亭の店舗は非常に効率的なレイアウトになりました。これにより坪数、つまり出店費用を抑えて出店できます。既存の直営店をレンタルして加盟できるFCライト制度もあり、リスクを抑えて弁当屋を開けます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
FCS(業務委託)プラン:88.5万円
FCL(直営店レンタル型)プラン:237万円
FC(通常のフランチャイズ店)プラン:2,482万円前後
要問い合わせFCS(業務委託)プラン:3ヵ月(最長1年)
FCL(直営店レンタル型)プラン:5年(更新後は3年、初回と合わせ最長8年)
FC(通常のフランチャイズ店)プラン:5年(2回目以降の更新は3年ごと)
要問い合わせ
ほっかほっか亭の開業資金

ほっかほっか亭の公式サイト

本家かまどや

本家かまどや
  • 独自の体制で加盟店を強力にサポート
  • 選べる2つの加盟制度
  • 固定ロイヤリティで売上アップの分がそのまま儲かる

本家かまどやは独自の体制と定額制のロイヤリティで、加盟店が儲かる仕組みを追求している弁当屋フランチャイズです。

一般的なフランチャイズと異なり、総本部と各地区の事業本部を同一資本とし、加盟店をサポート。これにより、加盟店の意思が本部の戦略・指導にスピーディに反映され、より効果的なバックアップを提供しています。

月間費用は定額制で月額9万9,000円。一般的な加盟プランのほかに、本部直営店で経営ノウハウを学んでから独立オーナーを目指せるプランも提供。開業のリスクを抑える加盟プラン、売上が高くなった分はそのまま儲けになるシステムで、稼ぎたい加盟店を応援しています。

開業資金ロイヤリティ(月間費用)契約期間加盟店舗数
経営委託システム:150万円前後
独立オーナーシステム:450万~950万円程度
ロイヤリティ:6万6,000円
宣伝広告費:3万3,000円
合計:9万9,000円
要問い合わせ要問い合わせ
本家かまどやの開業資金

本家かまどやの公式サイト

まごころ弁当

まごころ弁当
  • ニーズが高まる高齢者向け配食サービス
  • 加盟金・ロイヤリティなしの「ゼロプラン」
  • 本部社内から20名以上がFCオーナーとして独立

まごころ弁当は、近年ニーズが高まっている高齢者向け配食サービスのフランチャイズです。一般の高齢者向けメニューだけでなく、カロリーや塩分計算が必要な方向けのメニュー、嚥下困難な方向けのムース食などのメニューを提供。利用客のことを常に考えた事業にはやりがいがあり、固定客もつきやすいです。

加盟金・ロイヤリティのかからない「ゼロプラン」があり、店舗取得や厨房機器などの費用だけで開業できます。加盟後の月額費用は会費の3万円のみなので、売上が高くなるほど儲けも大きくなっていきます。

本部社内から20名以上がFCオーナーとして独立している、信頼できる企業です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円
保証金:0円(審査あり)
システム料:0円
厨房機器:0円〜90万円
工事代:0円〜150万円
※店舗取得料は含まず
0円
※会費:月3万円
5年532店舗(2024年2月時点)
まごころ弁当の開業資金

まごころ弁当の公式サイト

儲かる弁当屋を開きたいならフランチャイズがおすすめ

儲かる弁当屋を開きたいなら、集客や仕入費削減に強みのあるフランチャイズがおすすめです。フランチャイズ本部は膨大な数の店舗を経営・支援してきた経験から、弁当屋はどうしたら儲かるのか、独自のノウハウを持っています。このノウハウを活用することで、立地選びからスタッフ教育、集客まで、未経験でも効果的な店舗運営ができます。

弁当屋のフランチャイズは多いです。どこにどんなお店を開きたいのか、自分と本部の相性など、加盟チェーンを多角的な視点から選ぶことが大切です。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。初期費用や月額料金、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのフランチャイズの情報を集め、自分と相性のいい本部、出店エリアに合うチェーンを選ぶことが重要です。

自己資金ゼロで飲食店を開業する方法とは?開業費の節約と融資の注意点、低資金で開業できる業態

自己資金ゼロで飲食店を開業することは可能

飲食店は開業資金が大きく、自己資金なしでの開業は難しいというイメージが強いです。しかし、いくつかの条件を満たせば、自己資金ゼロで開業することも不可能ではありません。

飲食店開業に必要な資金の目安

飲食店を開業するには、店舗の賃料や改装費用、設備投資、運転資金など、さまざまな費用がかかります。業態や規模によって異なりますが、一般的には500万円から1,000万円強の資金が必要とされます。

飲食店開業における自己資金と融資額の割合

自己資金ゼロで開業する場合、必要な資金をすべて融資で賄うことになります。金融機関では、自己資金が一定額以上ないと融資を受けられない場合が多いですが、近年では自己資金ゼロでも融資を受けられる制度も登場しています。

一般的には、融資額は開業資金全体の70%~80%程度までとなります。残りの20%~30%は自己資金で賄う必要があるため、ある程度の貯蓄は必要です。

自己資金ゼロでも「新創業融資」を受けられるケース

自己資金ゼロで飲食店を開業するためには、融資を利用するのが一般的です。中でも、日本政策金融公庫が提供する「新創業融資制度」は、自己資金がなくても融資を受けられる可能性があります。

現在勤めている企業と同じ業種で開業する場合

新創業融資制度では、現在勤めている企業と同じ業種で開業する場合は、自己資金の要件が免除されます。これは、すでに業界経験があり、事業成功の可能性が高いと判断されるためです。

認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める場合

認定特定創業支援等事業は、創業希望者に対して、専門家によるコンサルティングや研修を提供する事業です。この事業を受けて事業を始める場合、自己資金がなくても融資を受けられる可能性があります。

認定特定創業支援等事業には、以下のようなものがあります。

  • 創業支援拠点
  • 中小企業基盤整備機構による創業支援事業
  • 都道府県・市町村による創業支援事業

これらの事業を利用することで、事業計画の作成や資金調達など、開業に必要な知識やスキルを身につけられます。

融資の審査を受けるときの注意点

自己資金ゼロ、あるいは少ない自己資金で飲食店を開業するためには、融資の審査を受ける必要があります。融資審査は、金融機関が貸し出したお金が返済されるかどうかを判断するためのものです。審査に通るために意識したいポイントを紹介します。

どんな資金が自己資金として認められるか確認する

自己資金として認められるのは、預貯金だけでなく、退職金や生命保険の解約返戻金なども含まれます。ただし、借入金は自己資金として認められないため、注意が必要です。

金融機関によって、自己資金として認められる資金の範囲が異なる場合があり、事前に確認しておくことが重要です。

事業計画書を作り込む

融資の審査では、事業計画書の質が重要視されます。事業の成功可能性を判断する材料となるため、時間をかけて丁寧に作成しましょう。具体的には、次のような内容をわかりやすく、データを盛り込みながら記載することが重要です。

  • 事業コンセプト
  • 市場分析
  • 競合分析
  • 収益計画
  • 資金繰り表 など

個人の信用情報に傷をつけない

信用情報とは

個人の信用情報に傷があると、融資を受けられない可能性があります。信用情報には、過去の借入履歴や返済状況などが記録されています。

クレジットカードやローンなどの支払いを滞納すると、信用情報に傷がつく可能性があります。融資を希望する場合は、日頃から信用情報に気を配るようにしましょう。

少ない自己資金で飲食店を開業する方法

飲食店を開業するには、初期費用や運転資金など、多額の資金が必要です。しかし、自己資金が少なくても、いくつかの方法を組み合わせることで開業の夢を実現できます。

新創業融資を利用する

自己資金がなくても開業資金を調達できる方法として、日本政策金融公庫の新創業融資制度が挙げられます。この制度は、創業希望者に対して、無担保・無保証で最大3,000万円までの融資を受けられるというものです。融資を受けるためには、事前に事業計画書を作成し、金融機関に提出する必要があります。事業計画書には、事業コンセプト、市場分析、競合分析、収益計画など、事業内容を具体的に記載しましょう。

知人から資金を借りる

自己資金の一部または全部を親族や友人から借りるという方法もあります。この方法は、融資審査を受ける必要がないため、比較的簡単に資金調達できます。

ただし、知人から借りる場合には金銭トラブルに発展しないよう、事前に借用書を作成しておくなど約束事を明確にしておくことが重要です。

補助金・助成金を活用する

国や自治体では、創業を支援するための補助金や助成金制度を設けています。これらの制度を活用することで、開業資金の一部を補助してもらえます。補助金・助成金の種類はさまざまで、申請条件や受給額も異なります。詳しくは、国や自治体のホームページなどで確認しましょう。

補助金も助成金も融資と異なり返済が必要ありません。ただし、基本的には後払いであるため、ある程度の自己資金は必要です。

なお、補助金には定員があるため要件を満たしていても受給できないことがあります。助成金には定員がなく、要件を満たせばほぼ確実に受給できます。

クラウドファンディングを活用する

クラウドファンディングとは

近年、自己資金を抑えながら開業資金を調達する方法として、クラウドファンディングが注目されています。クラウドファンディングは、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

クラウドファンディングで資金調達するには、まずプロジェクトページを作成し、事業内容や目標金額などを掲載する必要があります。プロジェクトページは、多くの人に事業の魅力を伝えるための重要なツールです。

フランチャイズに加盟する

フランチャイズに加盟すると本部が店舗用の土地や建物を用意してくれることがあり、初期費用を抑えて開業できることがあります。すでに成功しているビジネスモデルをそのまま利用できるため、経験不足を補ったりリスクを抑えたりすることもできます。フランチャイズ本部から経営ノウハウやサポートを受けられるため、事業の成功確率を高められるでしょう。

ただし、フランチャイズに加盟するには、加盟料や初期費用を支払う必要があります。また、ロイヤリティや広告宣伝費などのランニングコストも発生します。

開業資金を抑えられる業態を選ぶ

開業資金を抑えられる業態を選ぶことも重要です。たとえばキッチンカー、テイクアウトやデリバリーの専門店などは、店舗の規模を小さくしたり設備を簡素化したり、初期費用を抑えやすいです。

費用を抑えて開業できる飲食業

先述のとおり、費用を抑えて開業できる業態を選ぶことで、少ない自己資金でも飲食業をはじめられるかもしれません。費用を抑えて開業できる飲食業の業態を4つ紹介します。

キッチンカー

近年人気を集めているのが、キッチンカーを使った移動販売です。キッチンカーは店舗を構える必要がないため、初期費用を大幅に抑えられます。また、場所を選ばずに営業できるため、さまざまな顧客層にアプローチできます。

キッチンカーで販売する商品としては、軽食やスイーツなどが人気です。近年は、本格的な料理を提供するキッチンカーも増えてきています。

テイクアウト専門店

おうち時間への注目や飲み会の減少などにより近年需要が高まっているのが、テイクアウト専門店です。テイクアウト専門店は客席を設ける必要がないため、店舗面積を小さくできます。厨房設備も簡素化できるため、テナント代以外の初期費用も抑えられます。

テイクアウト専門店では、お弁当やサンドイッチ、惣菜などが人気です。近年は、タピオカドリンクやドーナツなど、スイーツ専門のテイクアウト店も増えてきています。

デリバリー専門店

テイクアウト専門店と同じく需要が高まっているのが、デリバリー専門店です。客席を設ける必要がなく店舗面積を小さくできること、厨房設備も簡素化できることも、テイクアウト専門店と同じです。

テイクアウト専門店と比べると、立地に左右されずに集客できるメリットがあります。ただし、デリバリーのための人件費がかかるデメリットがあります。

高齢者向け配食サービス

高齢者向け配食サービスは、高齢者や独居老人向けに、食事を配達するサービスです。近年、高齢者人口の増加や核家族化の影響により、需要が高まっています。ここまで紹介してきた3つの業態よりも固定客がつきやすく、経営が安定しやすいメリットもあります。

高齢者向け配食サービスでは、栄養バランスが考慮された食事を提供することが重要です。また、高齢者のニーズに合わせた、さまざまなサービスを提供する必要があります。そのため、フランチャイズに加盟して開業する場合、チェーン選びが特に重要です。

【実店舗】低コストで開業できる飲食店

低コスト・資金ゼロで開業できる飲食業のうち、少ない資金で店舗を構えられるフランチャイズを紹介します。

Café Hanamori

Café Hanamori
  • カフェ、バル、テイクアウト・デリバリーの三毛作カフェ
  • 初期費用1,000万円以下で開業できる
  • 自由度が高く、オリジナルの店が持てる

Café Hanamoriは、モーニング、ランチはカフェ、夕方からはバル、テイクアウト・デリバリーもできる三毛作カフェのフランチャイズです。

運営元である株式会社sommet farmは不動産会社、工務店、人材会社、スーパーバイザーをグループ会社で賄えるため、圧倒的なコストカットができ、飲食業界では破格の初期費用1,000万円以下での開業を実現しています。

Café Hanamoriでは、営業時間、メニュー、内装などをオーナーが自由に決められるため、フランチャイズであってもオリジナルの店を持てることが特徴です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:100万円
データ支給費:50万円
物件取得費:100万円
開業費:50万円
売上の3%5年30店舗
Café Hanamoriの詳細

Café Hanamori 公式サイト

ジェリーズポップコーン

ジェリーズポップコーン
  • ロイヤリティ0円、低資金&副業可のポップコーン販売
  • 廃棄ロスがほぼ無し
  • 手厚いサポート体制

ジェリーズポップコーンは、移動販売だからこその低コスト・低リスクで開業することができ、一坪の場所があればどこでも出店できます。また、営業日時や時間も自由に設定できるので、土日だけの営業など副業としても開業できます。

ポップコーンの材料は消費期限が長く、材料のロスがほとんどないのもうれしいポイントです。

本部研修を2日、出店研修を2日行い、ノウハウの提供やサポートを受けられるため、未経験でも安心して開業できます。ショッピングモールや大手スーパーを中心に全国から出店オファーがあるため、開業後もスムーズに運営できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:98万円
内訳・加盟権利金:46万円
・研修費:29万円(本部研修2日間、出店研修2日間)
・商標の使用権利金及びノウハウ開示:23万円
機材備品(マシーンを含む50アイテム):78万8,800円
合計:約177万円
※すべて税別
0円2年間
※以降2年毎に自動更新(更新料なし)
要問い合わせ
ジェリーズポップコーンの詳細

ジェリーズポップコーン 公式サイト

鶏白湯専門店 つけ麺まるや

鶏白湯専門店 つけ麺まるや
  • ライバルが少ない鶏白湯スープ専門店
  • 簡単調理でコストカット
  • オーダーメイドの開業プランを提案可能

つけ麺まるやは、「鶏白湯スープ」と「つけ麺」という新しい市場を開拓中のラーメン屋です。ラーメン市場は大きな市場ですが、鶏白湯スープを扱う店は少ないため、開業エリアによっては大いに成功のチャンスがあります。

各フランチャイズ店に完成したスープを配送する「本格スープ配送システム」を導入しているため、仕込みや調理の負担を軽減できます。

ビジネスを通して地域を活性化させたいというオーナーのために、それぞれの地域、環境、オーナーの希望に合わせた開業プランの提案が可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ7店舗(2024.3月時点)
鶏白湯専門店 つけ麺まるやの詳細

鶏白湯専門店 つけ麺まるや 公式サイト

【店舗以外】低コストで開業できる飲食業

低コスト・資金ゼロで開業できる飲食業のうち、店舗を持たずに運営できるフランチャイズを紹介します。

かさねや

かさねや
  • 宅配とんかつ専門店
  • 研修中も月30万円保証
  • 開業資金0円でも開業可能

かさねやは、全国に100店舗以上ある宅配とんかつ専門店です。宅配専門のため、店舗の立地条件に左右されないというメリットがあります。

3ヶ月間店舗運営に必要な研修も受けられ、その間も月30万円の報酬が保証されています。

店舗も厨房もバイクもすべて本部が用意してくれるため、店舗取得費や設備投資などの費用もかからず、開業資金0円でも開業ができます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
0円売上の5%2年直営加盟店あわせて170店舗
かさねやの詳細

かさねや 公式サイト

高齢者向け配食サービス まごころ弁当

高齢者向け配食サービス まごころ弁当
  • 豊富な商品力
  • 安定収益
  • 低コスト

まごころ弁当は、高齢者向け配食サービスのフランチャイズです。一般の高齢者向けメニューだけでなく、カロリーや塩分計算が必要な方向けのメニューや嚥下困難な方向けのムース食など5種類のメニューを提供しています。管理栄養士との共同メニュー開発や冷蔵食材主体のメニューを通してお客様の幅広いニーズに対応します。

高齢者向けの市場は今後も成長が期待できます。地域福祉関連施設やケアマネージャーに対する営業ノウハウも構築されているため安定した収益が見込めます。

2等、3等立地での出店や中古品を有効活用した出店コストの削減、受注生産によるロスの削減で低コストでの開業・運営を実現しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円
保証金:0円(審査あり)
システム料:0円
厨房機器:0円〜90万円
工事代:0円〜150万円
※店舗取得料は含まず
0円
※会費:月3万円
5年532店舗(2024年2月時点)
高齢者向け配食サービス まごころ弁当の詳細

高齢者向け配食サービス まごころ弁当 公式サイト

ONKURIチェーン

ONKURIチェーン
  • ボランタリーチェーンの配食サービス
  • 加盟金・ロイヤリティ・保証金0円
  • 仕入れコスト10%低減を実現

ONKURIチェーンは、高齢者向けの配食サービスを提供しています。フランチャイズより自由度の高いボランタリーチェーンを採用しており、看板や販売価格を自由に決められたり、新たなメニューを加えることも可能です。

加盟金・ロイヤリティ・保証金が0円のため、開業資金やランニングコストが安く、低資金で開業できます。

自社グループで献立から配送までを一貫して行うため、食材原価も業界最安値を実現しました。そのため、パートナーの負担をできる限り少なくできます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
0円0円要問い合わせ要問い合わせ
ONKURIチェーンの詳細

ONKURIチェーン 公式サイト

自己資金ゼロで飲食店を開くことは可能だが、難易度とリスクは高い!低資金で開業できる方法・業態を選び、貯金しよう

自己資金ゼロで飲食店を開業することは可能ですが、難易度とリスクは高いです。 資金調達には、融資やクラウドファンディングなどさまざまな方法がありますが、いずれも審査や返済義務、時間と労力がかかるなどの課題があります。

低資金で開業できる方法として、フランチャイズへの加盟、キッチンカーやテイクアウト専門店などの開業費用が少ない業態を選ぶという方法が挙げられます。

いずれの方法を選択する場合でも、成功するためには綿密な計画と努力が不可欠です。事業計画をしっかりと立て、資金調達、物件探し、メニュー開発、宣伝活動など、開業準備を慎重に進めましょう。

また、飲食業は競争が激しく、失敗率も高い業種です。自己資金ゼロで開業する場合は、リスクを十分に理解し、貯金をしておくことも重要です。

自己資金ゼロで飲食店を開業することは、決して簡単ではありません。しかし、強い意志と覚悟を持って努力すれば、夢を実現することは可能です。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

リフォームのフランチャイズ5選!開業に必要な資金や加盟時の注意点、未経験からの独立におすすめのチェーンを比較

フランチャイズでリフォーム業を開業するメリット

フランチャイズに加盟することで、自力でリフォーム業を開業するよりも成功確率を高められます。その理由を、フランチャイズ加盟の3つのメリットと併せて紹介します。

メリット1.チェーンのブランド力で集客できる

知名度の高いチェーン、全国に展開しているチェーンに加盟すれば、顧客はブランドへの信頼感から安心してリフォームを依頼できます。これは特に、新規顧客を獲得する際に大きな強みとなります。

また、チェーンによってはテレビCMやインターネット広告など、大規模な広告宣伝活動を行っているところもあります。こうした広告活動によって、潜在的な顧客層への認知度向上や、自社の存在をアピールできます。

メリット2.本部が営業を代行してくれるチェーンもある

営業経験がなくても、本部が顧客への提案や見積もり作成などの営業活動を代行してくれるチェーンもあります。これは、人材不足や営業ノウハウ不足といった問題を解決し、スムーズに事業を立ち上げられるというメリットがあります。また、本部が営業活動を代行することで、加盟店は施工管理や顧客とのコミュニケーションといった、より重要な業務に集中できます。

メリット3.チェーン独自の技術や道具を提供してもらえる

フランチャイズに加盟することでそのチェーン独自の技術や道具を提供してもらえるため、高品質なリフォームサービスを提供できます。これは、顧客満足度向上や、競合との差別化につながります。また、チェーンによっては、最新の設備や工具を導入しているところもあり、効率的な施工を実現できます。

独自の技術や道具を提供してもらえるチェーン、これらに関するサポートが充実したチェーンを選ぶことで、住宅関連の業種での経験がなくてもリフォーム業の立ち上げが可能です。

フランチャイズでリフォーム業を開業するデメリット

フランチャイズには加盟金やロイヤリティなどの費用がかかる、自由度が低く自社との相性の問題があるなどのデメリットもあります。

デメリット1.加盟金やロイヤリティの支払いが必要

フランチャイズに加盟するには、加盟金やロイヤリティを支払う必要があります。加盟金はチェーンへの加入時に支払う初期費用であり、ロイヤリティは毎月売上や利益の一部を本部に支払います。これらの費用は、ブランドの使用料や本部からのサポートを受けるための対価です。

デメリット2.経営の自由度が低い

フランチャイズでは、チェーンのルールやマニュアルに従って運営する必要があります。そのため、独自サービスの提供や価格設定などの自由度が低くなります。これは、ブランドイメージの統一や、品質の維持といったメリットがある一方で、個性を発揮しにくいというデメリットでもあります。

デメリット3.提供されるパッケージへの理解が必要

フランチャイズでは、本部から提供されるパッケージ(商品・サービス、ノウハウ、サポートなど)を理解し、活用する必要があります。パッケージの内容によっては、自社の経営方針や目標に合わない場合もあります。そのため、加盟前に提供されるパッケージ内容を十分に理解し、自社に合うかどうかを慎重に判断することが重要です。

フランチャイズでリフォーム業を開業するための資金

独立・開業するときは開業資金と運転資金、開業後しばらくの生活資金を用意しておきましょう。それぞれどのようなお金がどのくらい必要なのか紹介します。

開業資金

フランチャイズでリフォーム業を開業するには、加盟金や店舗開設費用、設備投資費用など、さまざまな初期費用がかかります。これらの費用は、チェーンによって異なりますが、一般的には300万円ほどに収まることが多いです。

【具体的な内訳】

  • 加盟金:チェーンへの加入時に支払う初期費用
  • 店舗開設費用:事務所や倉庫の賃料、内装工事費、設備費など
  • 設備投資費用:リフォーム工事用の工具や機械の購入費用

運転資金

開業後も、材料費や人件費などの経費がかかります。これらの経費を賄うために、運転資金が必要となります。運転資金は、開業してから売上が入金されるまでの期間を考慮して、3~6ヵ月分は用意しておきたいです。

生活資金

生活資金は、開業後に生活するために必要な資金です。事業が軌道に乗るまでの期間、収入が不安定になる可能性もあります。生活資金をしっかりと確保しておくことで、事業継続の可能性を高められます。

リフォーム業の開業を成功させるための、フランチャイズの比較ポイント

フランチャイズでリフォーム業を開業する流れ

フランチャイズを活用すれば、コストとリスクを抑え、経験不足を補いながらリフォーム業界に参入できます。ただ、リフォームやリペアなどの業種も人気で、住宅関連の業界は競争が激しいです。成功確率を高めるためには、自分に合うフランチャイズに加盟することが有効です。

しかし、フランチャイズといっても企業によって特徴や強み・弱みが異なります。そこで、リフォーム業の開業を成功させるため、フランチャイズを選ぶ際に比較すべきポイントを6つ紹介します。これらのポイントを理解し比較・検討することで、自分に合ったフランチャイズを選びましょう。

ポイント1.加盟金・ロイヤリティ

加盟金は、フランチャイズチェーンへの加入時に支払う初期費用です。チェーンの運営会社により金額は異なりますが、数十万円から300万円ほどに収まることが多いです。加盟金には、ブランドの使用料や本部からの初期サポートの対価などが含まれます。

ロイヤリティはフランチャイズ本部に毎月支払う、ノウハウやブランドの使用料です。売上高や粗利益の何パーセントかという設定が一般的です。

加盟金とロイヤリティは、フランチャイズ経営の大きなコストとなります。加盟前にそれぞれの費用と内容を把握し、比較・検討することが重要です。安い加盟金やロイヤリティだけに飛びつかず、費用に見合ったサポート内容かどうかを確認しましょう。

ポイント2.商品ラインナップ

フランチャイズチェーンによって、提供する商品ラインナップは異なります。リフォーム全般を扱っているチェーンもあれば、水回りのリフォームを専門にしているチェーン、外装リフォームに特化しているチェーンなど、さまざまな形態があります。

自社の強みやターゲット層に合った商品ラインナップを選ぶことが重要です。たとえば水回りのリフォームに特化したいなら、水回りのリフォームに豊富な経験と実績があるチェーンを選ぶことで、顧客に高品質なサービスを提供できます。

また、地域によって需要の高いリフォームは異なります。寒冷地では断熱リフォーム、温暖地では省エネリフォームなど、地域のニーズに合った商品ラインナップを選ぶことが重要です。

ポイント3.知名度や集客力

フランチャイズチェーンの知名度や集客力は、開業後の顧客獲得に大きく影響します。

知名度の高いチェーンであれば、顧客からの信頼を得やすく、新規顧客を獲得しやすいというメリットがあります。本部が広告宣伝に積極的なチェーンや営業活動を代行してくれるチェーンなら、コストを抑えながらより多くの顧客を集められるでしょう。

ただし、知名度や集客力が高いチェーンは、加盟金やロイヤリティが高く設定されている場合があります。競合店も多いため、差別化戦略を立てることが重要になります。

ポイント4.契約期間と違約金

契約期間は、フランチャイズ契約の期間です。一般的には5年から10年程度ですが、チェーンによって異なります。

違約金は、契約期間中に解約した場合に支払う違約金です。契約期間満了前に解約する場合は、違約金を支払う必要がある場合があります。

契約期間と違約金は、フランチャイズ経営の大きな制約となります。加盟前にそれぞれの内容を把握すること、長期目線で計画を立てることが重要です。

ポイント5.サポートの体制と内容

フランチャイズ本部は、加盟店に対してさまざまなサポートを提供します。このサポートは、開業後の成功確率を高めるために非常に重要です。

サポート内容が充実しているかどうかだけでなく、自社のニーズに合致しているかどうかを確認しましょう。長期的な視点でサポートを受けられる体制かどうか、サポート内容に見合った費用かどうかなどが主な確認ポイントです。

ポイント6.本部の理念やコンセプト

フランチャイズチェーンは、本部と加盟店が協力して事業を運営していくものです。そのため、本部の理念やコンセプトに共感し、同じ方向を向いて進んでいくことが重要です。

理念やコンセプトが一致していないと、経営方針の違いから、トラブルが発生する可能性があります。たとえば本部が顧客満足を重視しているのに対し、加盟店が利益と効率を重視している場合、経営方針が対立し関係が悪化する可能性があります。

加盟前に本部の理念やコンセプトをよく理解し、自社の理念やコンセプトと一致しているかどうかを確認しましょう。加盟店による口コミや募集HPに掲載されている先輩オーナーの実績などから、その本部がどのような会社なのか、より具体的なイメージを持つこともできます。

フランチャイズでリフォーム業を開業するまでの流れ

近年、リフォーム業界は堅調な需要を維持しており、独立・開業を検討する人にとって魅力的な選択肢となっています。フランチャイズに加盟すれば独自のノウハウやブランド力、顧客基盤を活用できるため、未経験者でも比較的安心して開業できるでしょう。

ここでは、フランチャイズでリフォーム業を開業するまでの流れを、情報収集から開業まで詳細に解説します。各ステップで留意すべき点や、成功するためのポイントなども紹介します。

情報収集

フランチャイズでリフォーム業を開業するにあたって、まずは情報収集が重要です。フランチャイズ比較サイトや本記事のようなおすすめチェーンの紹介記事を活用し、なるべく多くのフランチャイズについて情報を集めましょう。

この段階では加盟店の募集地域やチェーンごとの特徴を軸に、相性が良さそうなフランチャイズを洗い出す程度で構いません。まずは候補をざっと洗い出し、以降の工程で絞り込んでいけばいいのです。

資料請求

複数のフランチャイズチェーンを選定したら、資料請求を行いましょう。資料請求は、各チェーンの詳細情報や加盟条件などを比較検討するために役立ちます。

複数のチェーンから資料を取り寄せ、内容を見ながら比較検討することで、各チェーンや業界についての理解を深められます。資料で重点的に確認すべきポイントは次のとおりです。

  • 加盟金・ロイヤルティ
  • 研修制度
  • サポート体制
  • 成功事例
  • 資金調達支援
  • 販促・広告支援
  • 契約内容

説明会・相談会への参加

資料請求で興味を持ったチェーンがあれば、説明会・相談会に参加しましょう。説明会・相談会では、本部担当者から事業内容や加盟条件、サポート体制などを詳しく説明を受けられます。また、実際に店舗を運営している加盟店と交流できる機会もあり、リアルな声を聞くことができます。

質問事項を事前にメモしておき具体的な質問をすること、説明や質問への回答を受けて気になることができたらその場で確認することが大切です。

加盟の申し込み・契約

説明会・相談会に参加して、自分に合ったフランチャイズチェーンを選定したら、加盟の申し込みを行います。加盟契約を結ぶ前に、契約書の内容をよく確認しましょう。

特に重要なのが、加盟金・ロイヤリティや契約期間と途中解約時のペナルティ、競業避止義務の内容と期間です。契約内容を十分に理解するために、不明点は遠慮せず本部に質問しましょう。契約書の内容をコピーしておくことも忘れてはいけません。

研修

加盟契約を締結した後、開業に向けて研修を受けます。研修内容は、チェーンによって異なりますが、次のような内容が一般的です。

  • 経営ノウハウ
  • 商品知識
  • 販売スキル
  • 顧客対応
  • 施工管理
  • 法令遵守

研修は開業に必要な知識とスキルを習得するための重要な機会です。フランチャイズに加盟する最大のメリットともいえる「本部のノウハウ」を学ぶまたとない機会なので、真剣に受講しましょう。

開業

研修が終了したら、いよいよ開業となります。研修で学んだことをおさらいしたり、事業で使う設備や道具、従業員を雇用しているなら彼らのオペレーションについて、しっかり最終確認しましょう。

リフォーム業のおすすめフランチャイズ5選

リフォーム業のおすすめフランチャイズを5つ紹介します。スモールスタートしやすいチェーン、知名度と規模を活かした集客ができるチェーンなど、未経験からの独立・開業にもおすすめのフランチャイズを中心に紹介します。

壁紙革命

壁紙革命
  • 1日半で特許活用技術が身に付く
  • 業界未経験の方でも安心の独立が可能
  • 売上UPに最適で事業を始めている方にとっても、別の選択肢として可能

壁紙革命は、壁紙張替えをせずに再生する新工法のクロスメイクを行います。今までにない、特許を取得した新工法を活用することで、コストと時間がかかってしまっていた張替え作業を、とにかく安く早く行えるのが特徴です。

1日半の研修を通してクロスメイクのプロになるための全てを習得できるカリキュラムと体制が整備されている点や、案件の獲得や施工同行など開業後のサポートが手厚い点が壁紙革命のポイントです。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
約80万円年額6万円2年間(自動更新)※更新料無し要問い合わせ
壁紙革命の詳細

壁紙革命 公式サイト

クロスクリアバリアコート

クロスクリアバリアコート
  • 施工デモにより簡単に受注が可能で営業力は不要
  • 安さ・早さ・仕上がりが抜群であり、消臭にも高い効果を発揮
  • 一度塗りで仕上げるため、手間とコストが最小限

クロスクリアバリアコートは、市場自体が急成長しているため、需要の増加やリピート数の増加により、営業力を問わずリピート獲得や大口契約をすることが可能です。手間とコストのパフォーマンスに加え、抗菌・消臭・防カビに優れた施工が可能となっているのが特徴です。

開業資金0円から始められるため、出来る限り費用を抑えて起業したい方に特におすすめです。また自宅にて1人で開業できるため、設備投資も採用コストもかからず週末だけの副業や既存事業もプラスαを探している方へもおすすめです。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
0円月間22,000円要問い合せ約200店舗
クロスクリアバリアコートの詳細

クロスクリアバリアコート 公式サイト

あまどい屋

あまどい屋
  • 副業・未経験・自宅開業OK
  • 需要急増中のスキマ狙いの雨どいビジネス
  • 自宅開業型損害保険適用ビジネスで高収益・安定事業経営が可能

あまどい屋は、業界初の雨どい中心修理店として低価格で対応できるのが特徴です。営業研修や技術研修運営アドバイス等の開業サポートを始め、顧客紹介等の開業後のサポートも充実しているため、業界経験のない方でも安心して開業できます。

初期費用0円から始められるプランもあり、1件あたりの利益は30万円~50万円と低リスクな副業として始められる点もポイントです。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
あまどい屋の詳細

あまどい屋 公式サイト

リノベ不動産

リノベ不動産
  • 需要が高まっている中古リノベーション事業
  • 動産・建築の融合ビジネスモデルでワンストップ(一気通貫)を実現
  • スーパーバイザーによる個社に寄り添ったトータルサポート

リノベ不動産は、「中古仲介+リノベーション」という事業シェアNo.1を誇る中古リノベーション事業を、集客・物件探しから建築領域のデザイン・工事をして引き渡しまで一気通貫で行うのが特徴です。このワンストップのビジネスモデルによりキャッシュポイントが2か所になるため収益の増加が見込めます。

設計施工のサポートや搬送顧客サービスによる集客サポートを始め、スーパーバイザーによる個社に合わせた徹底的なサポート体制が用意されています。また、独自のクラウドシステムで業務の効率化が図られている点もポイントです。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ200店舗超え
リノベ不動産の詳細

リノベ不動産 公式サイト

LIXILリフォームネット

LIXILリフォームネット
  • LIXILブランドの認知度・集客力
  • 無料DXツールでスピーディーな提案・見積り・成約・発注が可能
  • 教育システム導入で従業員が自主的に育つ環境を構築

LIXILリフォームネットは、業界最大級のリフォーム工事店ネットワークサービスです。生産性向上のために商談現場で役立つ機能を搭載したアプリが用意されていたり、販売力向上のために単価・粗利の増加が見込める金融サービスが用意されていたりと、オリジナルコンテンツが充実している点がポイントです。

ブランド力で顧客に安心感を与えたい方や生産性を上げたい方、集客がうまくいかない方、また社員教育の効率化をしたい方などには特におすすめです。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:10,000円
加盟年会費:45,000円
要問い合わせ要問い合わせ約11,300店舗
LIXILリフォームネットの詳細

LIXILリフォームネット 公式サイト

リフォームのフランチャイズは自社との相性や地域特性を意識して選ぼう

近年、リフォーム業界においてフランチャイズはますます注目を集めています。フランチャイズ加盟により知名度やブランド力、ノウハウなどのメリットを享受し、自力での独立。開業よりもリスクを抑えられます。

しかし、フランチャイズだからといって必ず成功するわけではありません。フランチャイズで成功するには、特に自社や地域との相性が重要です。自社と相性のいいチェーンを選ぶことで、事業継続の可能性が高まります。地域のニーズに合致したサービスを提供することで、顧客を獲得しやすくなります。

フランチャイズ本部を選ぶ際には、資料請求や説明会・相談会への参加を通じて、自社や地域との相性を確認しましょう。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

クレープ屋のフランチャイズ5選!未経験でも開業できるチェーンや副業におすすめの移動販売も紹介

クレープ屋の3つの営業形態

クレープ屋の営業形態は、路面店・テナント・キッチンカーの3つに大別できます。それぞれの営業スタイルやメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

路面店

路面店は主要な通りや商店街など、人通りの多い場所に出店します。店内での飲食が可能であり、客層も幅広く、観光客や地元住民などのさまざまな層にアピールできます。また、店舗面積や内装デザインなどの自由度が高く、独自のブランドや雰囲気を演出できます。クレープ以外のスイーツやドリンクメニューを充実させ、カフェとしての側面を持たせると、集客力や売上の向上につながるでしょう。

路面店は店舗用の土地や建物を用意しなければならず、開業資金を用意するのが大変です。しかし、フランチャイズのなかには店舗を本部が用意してくれるところもあり、このようなチェーンに加盟することで開業資金の問題をクリアできます。

テナント

テナントは商業施設やショッピングモール内に出店する形態です。ほかのテナントとの共存が特徴であり、多くの場合、同じ施設内の飲食店や小売店との相乗効果を期待できます。商業施設が持つ集客力を活かしやすく、来店客の層も多様です。内装や設備などの共通部分をシェアすることで、初期投資やランニングコストを抑えられるメリットもあります。

ただ、自由に営業できないデメリットもあります。テナント店は商業施設のルールに従わなければならず、営業時間や定休日を自由に設定できません。フランチャイズに加盟する場合、フランチャイズ本部と商業施設の両方のルールに縛られることになるため、不自由に感じる人もいるでしょう。

キッチンカー

キッチンカーは移動式の販売車両で出店する形態です。主にイベントやフェスティバル、商業施設の周辺など、人が集まる場所で営業します。販売エリアを自在に移動できるのが特徴で、立地が原因で廃業に追い込まれるリスクが低いです。土日祝日のイベント会場や駅周辺など、需要の高い場所に絞って出店することもできます。

また、店舗を構えないキッチンカーの初期費用は低く、フランチャイズなら200万~300万円ほどで開業できることが多いです。営業時間や出店日を柔軟に設定できることも多く、土日祝日のみの副業からスタートする人もいます。

他業種にはないクレープ屋のメリット

クレープ屋はほかの飲食業界のなかでも、コストやリスク、オーナーの負担を抑えて開業・運営できます。その理由を、ほかの飲食業にはないクレープ屋ならではの3つのメリットと併せて紹介します。

予算や働き方に合わせた業態を選べる

クレープ屋には予算や働き方に合わせた業態を選べるメリットがあります。クレープ屋には路面店、テナント、キッチンカーといった複数の営業形態があり、それぞれ必要な資金や働き方が異なります。特にキッチンカーは低コストで開業できること、営業時間を自由に決められることから、予算が少ない人やプライベート優先の働き方がしたい人におすすめです。

SNS映えの需要が高く、口コミで集客しやすい

クレープ屋はSNS映えの需要が高く、口コミで集客しやすいメリットがあります。カラフルなトッピングやデコレーションが施されたクレープはSNS映えしやすく、若い世代を中心に注目を集めます。SNSで口コミが広まることも多く、自然な形で集客効果を高めることができます。

特に既存のブランドを利用できるフランチャイズでは、はじめから高い集客力が期待できます。本部がSNSを運用し、ブランディングやマーケティングを行うことも多く、加盟店はこれらの施策の効果に乗って営業できます。

ほかの飲食店に比べてオペレーションが簡単

クレープ屋とほかの飲食店のオペレーション比較

ほかの飲食店に比べて、オペレーションが簡単という点もクレープ屋のメリットです。クレープの調理は比較的シンプルで、熟練したスキルは必要ありません。そのため、従業員の教育や管理が比較的容易であり、オペレーションの効率化が図りやすいです。アルバイトだけでお店を回すのも簡単で、多店舗展開もしやすいです。

フランチャイズでクレープ屋を開業するメリット

クレープ屋は飲食業のなかでも開業しやすい業種です。フランチャイズを活用することで、開業のハードルをさらに下げ、リスクを抑えてお店を運営できるでしょう。フランチャイズでクレープ屋を開業するメリットを3つ紹介します。

チェーンのブランド力で集客できる

フランチャイズに加盟する最大のメリットとして、チェーンのブランドを活かして集客できることが挙げられます。フランチャイズに加盟することで、チェーン全体のブランド力、知名度や信頼度の高さを活かした集客ができます。

本部がSNSや自社HP、YouTube、テレビ番組などのメディアを使ってマーケティングやブランディングを行っているチェーンもあります。このようなチェーンに加盟すれば、本部の施策に乗り、加速度的に集客力と売上を高められるでしょう。

仕入れや仕込みが楽

仕入れや仕込みが楽という点もフランチャイズのメリットです。フランチャイズでは本部が一括で仕入れを行い、各加盟店に必要な材料や商品を提供します。この一括(大量)仕入れにより仕入れの単価が抑えら、個人店よりも低いコストで店舗を運営できます。

また、仕込みの工程やレシピも統一されており、加盟店側はこれらを独自に考える必要がありません。本部から調理済みの食材が提供されるチェーンも多く、効率的な運営が可能です。

キッチンカーのレンタルや出店地の紹介がある

キッチンカーの場合、キッチンカーのレンタルや出店地の紹介など、加盟店をサポートする仕組みを持つチェーンも多いです。フランチャイズ本部がイベント会社と提携し、出店場所を紹介してくれることもあります。自力で出店場所を探す手間なく、集客できる場所にお店を出せるのです。

フランチャイズでクレープ屋を開業するデメリット

フランチャイズに加盟することで開業のリスクを下げられますが、フランチャイズ加盟により生じるリスク・デメリットもあります。

加盟金やロイヤリティがかかる

フランチャイズならではのデメリットとして、加盟金やロイヤリティがかかるという点が挙げられます。フランチャイズ加盟する際には、一定の金額を加盟金として支払う必要があります。また、売上の一部をロイヤリティとして本部に支払う必要もあります。これらの費用が利益を圧迫するかもしれません。

ただ、ブランド力を活かした集客や本部が確立した稼げる仕組みにより、個人経営よりも売上が高くなる可能性も大きいです。加盟金やロイヤリティよりも売上増加の効果が大きければ、手元に残る利益も大きくなります。

また、キッチンカーでは加盟金やロイヤリティがないフランチャイズも多いです。かかるコストとそれによるリターンを天秤にかけること、加盟金やロイヤリティを抑えられるチェーンを探すことで、フランチャイズ加盟のデメリットを解消することもできます。

個人店より自由度が低い

フランチャイズには個人店よりも自由度が低いという問題があります。フランチャイズ契約により、一定の規則や基準に従う必要があります。そのため、独自のアイデアや経営方針を自由に実践することが難しいです。後から「こんなはずじゃなかった」とならないよう、フランチャイズごとの規則や方針をよく確認しておきましょう。

他店や本部による風評被害のリスクがある

他店や本部による風評被害のリスクがあるという点も考慮すべきです。フランチャイズは個人店と異なり、チェーン全体で評価されます。ほかの加盟店や本部による失敗や不祥事によりチェーン全体のイメージが悪くなり、自店舗にも悪影響を及ぼすかもしれません。

他店による風評被害のリスクをゼロにするのは難しいです。接客や技術に関する指導がしっかりしているか、ブランドイメージを守るためにどのような取り組みをしているかなどを軸に、加盟候補を比較しましょう。

クレープ屋開業を成功させるための、フランチャイズの選び方

クレープ屋の開業を成功させるためには、適切なフランチャイズを選ぶことが重要です。そのための4つのポイントを紹介します。

まずは希望の働き方を明確にする

まずは、自分の希望する働き方を明確にすることが大切です。自分のライフスタイルや時間の使い方、ライフステージなどを考えて、どんな働き方が合っているかをしっかりと把握しましょう。

希望の働き方に合う業態を選ぶ

ワークライフバランスを充実させるには、希望の働き方に合った業態を選ぶことが重要です。路面店、テナント、キッチンカーなど、それぞれの業態には特性があります。自分のライフスタイルやビジネスモデルに合った業態を選ぶことで、経営がよりスムーズに進むでしょう。

たとえば小さなお店を開いて自分のペースで働きたいなら路面店が、集客力の高い場所に出店して売上を伸ばし、どんどん多店舗展開をしていきたいならテナントがおすすめです。プライベート優先で働きたい、まずは副業からスタートしたい人には、キッチンカーが適しています。

加盟金やロイヤリティの有無・金額を確認する

加盟金やロイヤリティの有無や金額はしっかり確認・比較しましょう。これらの費用は開業時だけでなく、経営に継続的な影響を与えます。よく調べ、現実的な収支計画を立てることが大切です。

出店場所の紹介があるか確認する

出店場所の紹介があるかどうかも確認することが重要です。特にキッチンカー形態の場合は、出店場所の確保が大きな課題となります。フランチャイズ本部が出店場所の紹介やサポートを行ってくれるかどうかを確認し、安定した立地を得ることが成功のカギとなります。

クレープ屋のおすすめフランチャイズ5選

未経験からの開業にもおすすめのクレープ屋フランチャイズを5つ紹介します。

マリオンクレープ

マリオンクレープ
  • 1976年創業の老舗クレープ店
  • 2坪から開業可能
  • 充実した研修制度

マリオンクレープは、日本で初めて紙で巻いたクレープを販売した老舗クレープ店です。1976年の創業以来、数種類の材料をブレンドしたオリジナルの生地を使い、バリエーション豊富なメニューを提供しています。

2坪のスペースがあれば開業できるため、空き区画や既存店舗の空きスペースなどを有効活用でき、家賃や人件費などのコストカットができます。また作り置きしない対面販売のため材料ロスも少なく、安定した利益率を確保できます。

長年培ってきた経験とノウハウをもとに、未経験でも開業できるようオープン前後の研修が充実しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ約80店舗
マリオンクレープの詳細

マリオンクレープ 公式サイト

マテリアクレープ

マテリアクレープ
  • 珍しいコラボ商品で人気のクレープ店
  • 2等立地、3等立地でも勝てる集客システム
  • 営業時間やメニュー設定に自由度がある

マテリアクレープは、地元愛媛の老舗菓子店とコラボした商品や全国初の「ライスクレープ」を開発するなど珍しい商品で話題となっています。ティラミス専門店やベーカリーも展開しています。スイーツ男子の増加にも着目し、新たな戦略を考えています。

オリジナルの集客システムとバイラルマーケティングを活用し、2等立地、3等立地でも高い集客率を実現します。

開業する地域や立地、開業条件によって営業時間や定休日、メニュー設定を変更できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:150万円
保証金:50万円
月8万円(税別)5年要問い合わせ
マテリアクレープの詳細

マテリアクレープ 公式サイト

そらいろクレープ

そらいろクレープ
  • 素材、レシピすべてパティスリー基準
  • デリバリーを有効活用
  • メニューライセンス制の導入

そらいろクレープでは、ソース類から素材、レシピ、製造方法すべてパティシエ監修のもと、最上級のクレープを提供します。簡単なオペレーションのため、1人での運営も可能です。

デリバリーには不向きと言われるクレープですが、そらいろクレープではデリバリー需要も高く、店頭(テイクアウト)+デリバリーで売上アップが期待できます。

メニューライセンス制の導入で、既存店舗(飲食店)でそらいろクレープのメニューを提供することもできます。

開業資金開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
店舗型
加盟金:143万円
テナント契約初期費用:45万円
内装工事費:300万円
厨房機器(中古):20万円
備品/その他:15万円
ロイヤリティ(初月分):7.7万円
運転資金:50万円
総計:580.7万円
※参考値
メニューライセンス型
加盟金:110万円
備品/その他:33万円
広告宣伝費(初月分):5.5万円
ロイヤリティ(初月分):4.4万円
総計:152.9万円
※参考値
店舗型:7.7万円
メニューライセンス型:4.4万円
要問い合わせ要問い合わせ
そらいろクレープの詳細

そらいろクレープ 公式サイト

Sweets HERO

Sweets HERO
  • おしゃれなキッチンカーでのスイーツ・クレープの移動販売
  • 低資金で独立開業ができる
  • オリジナルの店名やメニューでの開業OK

Sweets HEROは、おしゃれでカラフルなキッチンカーでスイーツ・クレープの移動販売をするフランチャイズです。

加盟金・ロイヤリティは0円で、キッチンカー代と研修費のみで開業できます。キッチンカーの車両代もわかりやすい価格設定になっており、好みの車種タイプ、カラーを選べて世界で1台のキッチンカーで運営ができます。

店名も自由につけられて、オリジナルのメニューも販売できるなど、自由度の高い運営ができるのも魅力です。未経験でも安心して開業できるよう、出店場所確保のノウハウの提供や営業許可取得の研修などサポート体制も充実しています。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:0円
キッチンカー:220万円〜
0円要問い合わせ57店舗(2024.3月時点)
Sweets HEROの詳細

Sweets HERO 公式サイト

COLOR CAFE

COLOR CAFE
  • クレープ・スイーツ専門のキッチンカー
  • 本部による手厚いサポートと集客・宣伝
  • 移動販売開業のフルパッケージ

COLOR CAFEは、クレープ・スイーツ専門のキッチンカーです。SNS映えする商品と、目を引く黄色のトラックで、抜群の集客力を誇ります。

本部が集客・宣伝に力を入れているのも特徴です。メディアへの出店実績が多数あり、フランチャイズ加盟からオープンまでの密着動画や現役オーナーの取材動画などを放送。公式サイトからこれらの番組を視聴することもできます。

イベント会場向けの「出店依頼フォーム」を公式HPに設置したり、YouTubeチャンネルの運営に力を入れたり、出店依頼を集めるためにさまざまな取り組みをしています。

車両を含め移動販売開業のすべてが揃うFC開業パックが用意されています。研修制度や開業前後のサポートも充実しており、未経験でも安心して始められます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
290万円~なし要問い合わせ要問い合わせ
COLOR CAFEの詳細

COLOR CAFE 公式サイト

クレープ屋のフランチャイズは自分らしい働き方ができるか、本部の集客施策やSNS映えするかで選ぼう

クレープ屋のフランチャイズを選ぶ際には、自分らしい働き方ができるかどうか、本部の集客施策やSNS映えするかどうかを重視しましょう。自分のライフスタイルやビジョンに合った働き方ができるかどうかが、長期的な成功につながります。これらが揃っているフランチャイズを選ぶことで、クレープ屋開業の成功に近づけるでしょう。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

パン屋のフランチャイズ5選を紹介!開業に必要な資格や資金、市場動向から見るおすすめの理由とは?

リスクとコストを抑えてパン屋を開くには「フランチャイズ」がおすすめ

独立開業への夢を叶えたい人にとって、パン屋は魅力的な選択肢の一つです。しかし、パン作りや経営の経験がない方にとっては、リスクとコストの高さが大きな障壁となります。そこで、リスクとコストを抑えながらパン屋を開業したい人におすすめなのが「フランチャイズ」です。

フランチャイズなら本部のブランド力やノウハウを活用できるため、個人で開業するよりも成功率が高いといわれています。また、仕入れや仕込みが楽になるため、パン作りに集中できるというメリットもあります。さらに、働き方や予算に合う業態を選べるため、自分らしいパン屋を経営できるという点も魅力です。

パン屋の市場動向

朝食をパンで済ませる人が増えていることや、ランチやディナーにパンを取り入れる人が増えていることなど、パンには安定したニーズがあります。キッチンカーの普及、メロンパンやあんぱんの専門店が注目されるなど、新たな業態も増えています。

市場規模は拡大傾向

出典:パン市場に関する調査を実施(2023年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

近年、パン屋の市場規模は拡大傾向にあります。矢野経済研究所の調査によると、2021年の国内パン市場規模は約1兆5,345億円、それ以降も微増と予測されています。2020年にはコロナ禍の影響で規模縮小があったものの、それまでも微増の傾向だったこと、飲食業のなかではコロナ禍によるダメージが小さかったことから、比較的安定した業態といえるでしょう。

オーガニックやSNS映えなどのニーズの増加・多様化

従来の食パンや惣菜パンに加え、オーガニック素材を使用したパンやSNS映えするような見た目のパンなど、消費者のニーズは多様化しています。また、健康志向の高まりから、低糖質パンやグルテンフリーパンなどの需要も増えています。

パン屋の市場規模拡大は、食パンや惣菜パンなどの定番商品に加え、健康志向やSNS映えを意識した商品など、多様なニーズに対応するパンが登場していることが要因と考えられます。パンをテイクアウトするだけでなく、店内で飲食できるカフェ兼ベーカリーの店舗も人気です。

今後もオーガニックやキッチンカーなど、ベーカリーの形態は多様化していくでしょう。開業エリアのニーズを捉え、どんな層に向けたベーカリーにしたいのかを考えながら、戦略的に運営していくことが重要です。

キッチンカーやメロンパン専門店など、業態も多様化

近年、キッチンカーやメロンパン専門店など、パン屋の業態も多様化しています。

キッチンカーには場所を選ばずに営業できるというメリットがあります。イベント会場や観光地に出店したり、住宅街を巡回したりすることで、幅広い顧客にアプローチできます。

メロンパン専門店は、メロンパンを専門に販売する業態です。さまざまな種類のメロンパンを提供することで顧客を飽きさせないこと、SNS映えする商品で口コミを広めることが重要です。店頭での実演販売で人目を引き、集客するのもいいでしょう。

このように、キッチンカーやメロンパン専門店のような業態には、多様な集客戦略が取れるというメリットもあります。

フランチャイズでパン屋を開業するメリット

フランチャイズでパン屋を開業するには、個人で開業するよりも多くのメリットがあります。フランチャイズでパン屋を開業する3つのメリットについて詳しく解説します。

メリット1.本部のブランド力や集客施策を活用できる

フランチャイズでは、本部のブランド力や集客施策を活用できるという大きなメリットがあります。

知名度の高いブランドであれば、顧客の信頼を得やすいというメリットがあります。また、本部が広告宣伝や販促活動をサポートしてくれるため、顧客獲得に多くの時間と労力を費やす必要はありません。

さらに、フランチャイズ本部は、顧客データやノウハウを蓄積しています。これらのデータを活用することで、効果的な集客施策を実行できます。

メリット2.仕入れや仕込みが楽

フランチャイズでは、仕入れや仕込みが楽になるというメリットがあります。本部から原材料やパン生地を供給してもらえるため、仕入先の開拓や品質管理の手間を省けます。レシピやマニュアルが提供されるだけでなく、店舗で焼くだけの冷凍生地を提供するチェーンもあり、パン作りに自信がない人でもおいしい焼きたてパンを提供できます。

仕込みに特別なスキルが必要なく手間もかからないため、アルバイトだけでもお店を回せるでしょう。店舗はスタッフに任せ、オーナーは経営に専念できます。

メリット3.働き方や予算に合う業態を選べる

フランチャイズでは、さまざまな業態のパン屋が展開されています。そのため、自分の働き方や予算に合った業態を選べます。

たとえば小規模な店舗でゆっくり働きたい人、自ら店頭に立ちたい人には、個人経営に近い形態のフランチャイズがおすすめです。短時間で効率的に運営したい人、多店舗展開を目指したい人には、セントラルキッチン方式のフランチャイズがおすすめです。

店舗を構える必要がなく、好きな場所に移動して販売できるキッチンカーは、低コストで開業したい人やまずは副業からスタートしたい人に適しています。

フランチャイズでパン屋を開業するデメリット

フランチャイズには個人で開業するよりも多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。フランチャイズでパン屋を開業する3つのデメリットについて詳しく解説します。

デメリット1.加盟金やロイヤリティの支払いが必要

フランチャイズでは、加盟金やロイヤリティを支払う必要があります。

加盟金は、契約時に支払う初期費用です。ロイヤリティは、本部に支払う月々のブランド使用料です。これらの費用は、パン屋の経営を圧迫する可能性があります。

加盟金やロイヤリティの金額は、フランチャイズ本部によって異なります。契約前にしっかりと確認しておくことが重要です。

デメリット2.個人店に比べて自由度が低い

フランチャイズでは、本部の指示に従って運営する必要があります。そのため、個人店のように自由にメニューや価格を決めることはできません。また、店舗の改装や営業時間の変更についても、本部の許可が必要となります。

自由度が低いということは、自分のアイデアを活かしにくいということです。自分の思い通りのパン屋を作りたいという方には、フランチャイズは向いていないかもしれません。

デメリット3.材料費が変動しやすい

フランチャイズでは、本部の指定する原材料を使用する必要があります。そのため、原材料の価格が変動すると、パンの販売価格にも影響が出てきます。パンの原材料である小麦の価格は、天候や国際情勢などの影響を受けやすく、頻繁に変動します。

フランチャイズの場合、価格設定も本部の指示に従わなければならず、商品の販売価格を自由に変えることはできません。原材料費の高騰により仕入コストが増えても、販売価格を上げることができず、利益率が低くなるリスクがあります。

パン屋の開業に必要な資金

パン屋の開業には、初期費用と運転資金、そして開業後しばらくの生活資金が必要です。それぞれ必要な資金額と内訳について解説します。

開業資金

開業資金は、店舗の取得や設備投資、商品開発などに必要な費用です。パン屋の規模や立地によって異なりますが、一般的には1,000万円から2,000万円程度必要といわれています。開業資金の内訳としては、次のようなものがあります。

  • 店舗取得費:店舗の購入費用や賃貸費用、敷金・礼金など
  • 設備投資費:厨房設備や什器、レジなどの購入費用
  • 運転資金:開業後の家賃や人件費、食材費などの運転資金
  • その他:許認可申請費用、広告宣伝費、保険料など

運転資金と生活資金

運転資金は、パン屋を開業した後、売上が入るまでの期間に必要な家賃や人件費、食材費などの費用です。

開業前に用意すべき運転資金の目安は固定費の3~6ヵ月分といわれています。たとえば固定費が300万円であれば、900万円から1,600万円程度の運転資金が必要となります。

生活資金は、パン屋が開業した後、収入が安定するまでの期間に必要な生活費です。生活資金の目安は生活水準や家族構成によって異なりますが、最低でも6ヵ月分は用意しておくことをおすすめします。

パン屋の開業に必要な資格

パン屋を開業するには、食品衛生責任者、飲食店営業許可、菓子製造業許可、食料品等販売業の許可などの資格や許可が必要です。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品営業を行う際に、食品の衛生管理責任者として必要な知識・技能を証明する資格です。パン屋は食品営業に該当するため、店舗に1人以上配置する必要があります。

飲食店営業許可

飲食店営業許可は、飲食店を開業する際に必要となる許可です。店舗の構造設備や衛生管理などが基準を満たしているかどうかが審査されます。パン屋では、店内にイートインスペースを設ける場合やサンドイッチを販売する場合などで、飲食店営業許可が必要です。

菓子製造業許可

菓子製造業許可は、菓子を製造販売する際に必要となる許可です。菓子製造設備や衛生管理などが基準を満たしているかどうかが審査されます。菓子パンは菓子に分類されるため、菓子製造業許可が必要です。

食料品等販売業の許可

食料品等販売業許可は、自社以外の業者が製造した食料品を販売する際に必要となる許可です。パン屋では、他業者製造のジャムや飲料の販売を行うこともあるでしょう。この場合、食料品等販売業許可が必要です。

防火管理者(店舗規模による)

防火管理者は、一定規模以上の店舗を開業する際に必要となる資格です。火災発生時の避難誘導や消火活動など、防火管理に関する責任を負います。

収容人数30名を超える場合に必要な資格です。パン屋で必要になることはあまりありませんが、このような資格があることは頭に入れておきましょう。

パン屋開業を成功させるための、フランチャイズの選び方

パン屋のフランチャイズの選び方

パン屋を開業するには、個人で開業する方法とフランチャイズで開業する方法があります。フランチャイズは、ノウハウやブランド力などを本部から借りることができ、個人で開業するよりも成功しやすいといわれています。

しかし、すべてのフランチャイズが成功するわけではありません。パン屋開業を成功させるためには、慎重にフランチャイズを選ぶことが重要です。

成功するためのフランチャイズの選び方を、6つのポイントに分けて紹介します。

予算や希望の働き方を明確にする

まず、パン屋開業の予算と希望する働き方を明確にしましょう。フランチャイズによって、加盟金やロイヤリティ、必要な自己資金などが異なります。本部からのサポート内容や経営の自由度なども異なります。

必要な資金は、加盟金やロイヤリティ、店舗取得費、設備投資費、運転資金などです。働き方には「土日祝日のみの副業からスタートしたい」「営業時間を決めずに、プライベートのスケジュール優先で運営したい」などが考えられます。自由度を重視するなら、営業時間や日数の縛りがない本部が、業態ではキッチンカーがおすすめです。

出店エリアの地域特性を調べる

出店エリアの地域特性を調べることも重要です。人口動態や競合店舗、客層などを把握することで、成功しやすい店舗を計画できます。

人口動態は、年齢層や世帯構成などを調べます。競合店舗は、周辺にあるパン屋の種類や価格帯などを調べます。ターゲットとなる顧客を想定し、ターゲットに当てはまる客層がどのくらいいるのか考えることも重要です。

加盟候補を洗い出す

予算、希望する働き方、出店エリアなどを考慮して、加盟候補を洗い出しましょう。フランチャイズ比較サイトや各チェーンの加盟店募集ページなどで情報を収集できます。インターネットを活用し、フランチャイズ本部のホームページや口コミサイトなどをチェックしましょう。

加盟候補を洗い出したら、資料請求や面談などを通して、詳細情報を収集します。本部の経営理念やサポート体制、加盟店の評判などを確認することが重要です。

本部の理念やビジョンを確認する

フランチャイズを選ぶ際には、本部の理念やビジョンを確認することが重要です。理念やビジョンが一致していないと、経営していくうえで困難が生じる可能性があります。

本部の理念は、どのような事業を展開したいのか、どのような社会貢献をしたいのかといった考えです。ビジョンは、そのブランドの方向性や将来的な目標などを確認しましょう。

本部の理念やビジョンは、ホームページやパンフレットなどで確認できます。説明会や相談会に参加し、担当者や創業者と話すことで、本部についてより深く理解できます。

実際にお店を利用してみる

フランチャイズに加盟する前に、そのチェーンの店舗を実際に利用してみることも重要です。商品やサービスの品質、スタッフの接客態度、店舗の雰囲気などを確認できます。

実際に利用することで、自分がそのフランチャイズで開業した場合、どのような店舗・働き方になるのかをイメージしやすくなります。

説明会や相談会に参加する

説明会や相談会に参加することで、本部や加盟に関する情報を詳しく知ることができます。疑問点を直接質問することもできます。

説明会や相談会では、加盟のメリットやデメリット、開業までのスケジュール、必要な資金、サポート体制などが説明されます。説明を聞いてわからないことや不安なことができたら、遠慮せずにその場で質問しましょう。納得できない点がある場合は、加盟を検討し直すことも大切です。

パン屋のおすすめフランチャイズ5選

未経験からの独立・開業にもおすすめのパン屋のフランチャイズを5つ紹介します。

ヴィ・ド・フランス

ヴィ・ド・フランス
  • 独自のノウハウにより安定した運営が可能
  • 開業後のサポート体制が整っている
  • 未経験者でも安心なベイクオフ方式

ヴィ・ド・フランスチェーンは、 焼きたてのパンや揚げたてのドーナツ、作りたてのサンドイッチ、サラダ、香り高いコーヒーやフレッシュジュースを清潔な店舗で提供し、常に最高の品質・最高のサービス・磨き上げられた店舗を目指します。 

経営ノウハウ、運営バックアップ、メニュー開発、教育システム等、 独自のノウハウにより合理的に安定した運営が可能です。また、本部指定の工場で冷凍のパン生地の製造をし、その生地を各店舗で焼くというベイクオフ方式を採用しているため、初めてパン業界に携わる人でも安心です。

開業資金ロイヤリティシステムサービスフィー契約期間加盟店舗数
加盟金:200万円
内装費:1,900万円
厨房機器:1,000万円
設備費:1,400万円
家具什器:800万円
一時費用:700万円
売上の2.5%売上の1%5年間200店舗以上
ヴィ・ド・フランスの詳細

ヴィ・ド・フランス 公式サイト

SUMOMO BAKERY

SUMOMO BAKERY
  • 未経験者でも始められるパン屋
  • スクラッチ製法でその日一番おいしいパンの提供が可能
  • 昭和38年創業のパン屋の確かなノウハウ

SUMOMO BAKERY は、焼きたてのおいしいパンをお求めやすい価格で、毎日通っても飽きないワクワクする品数の多さが自慢のパン屋です。

パン業界での経験がない方でも、3ヶ月の現場実習を行うことで、誰でもパン職人になることが可能です。昭和38年創業のSUMOMO BAKERYが培ってきた、パン屋のノウハウを現場で学びながら、パン職人としての必要な知識・技術を身につけられます。冷凍生地を使わないスクラッチ製法なのでその日一番の美味しいパンの提供が可能です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ44店舗(2023.4月時点)
SUMOMO BAKERYの詳細

SUMOMO BAKERY 公式サイト

あげ焼きパン 象の耳

あげ焼きパン 象の耳
  • 月々のロイヤリティ・研修費用・保証金が0円
  • フランチャイズではなく特約店システムであるため自由度が高い
  • 仕込みの必要なしのシンプルなオペレーション

象の耳のパンは、アメリカの「エレファントイヤー」という商品をモデルに、18年で1,354回の改良を重ねて完成したオリジナル製法のあげ焼きパンです。

象の耳の特約店システムは、経営のノウハウを教えてもらうことができ、店舗名や内外装デザイン、価格設定までも自由であるため、本部に縛られずに自由に経営したい方、今の店舗の売り上げアップのために象の耳を取り扱いたいという方におすすめです。面倒な揚げる作業は工場で対応するためシンプルなオペレーションであることも特徴です。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
加盟金:90万円
保証金:0円
研修費:0円
契約更新料:0円
解約違約金:0円
0円要問い合わせ54店舗
あげ焼きパン 象の耳の詳細

あげ焼きパン 象の耳 公式サイト

あん食パンの店PANTES

あん食パンの店PANTES
  • 未経験&最短3ヵ月で開業できる
  • ロイヤリティ0円
  • 資金調達サポートで開業資金の不安解消

あん食パンの店「PANTES」は、あんの魅力を最大限に引き出し、創意工夫に富んだ商品が注目を集めています。

PANTESのFCに加盟するメリットとしては、サポート制度が充実しているため業界未経験でも開業できる点、ロイヤリティが0円である点、開業時には資金調達サポートが受けられる点があります。さらに、製造販売店1店舗に対して、販売のみ行うサテライト店を2店舗まで出店することができるため、収益力の強化につながります。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ要問い合わせ
あん食パンの店PANTESの詳細

あん食パンの店PANTES 公式サイト

食ぱん道

食ぱん道
  • 有名食パン店の開発に携わったノウハウ
  • 合計資金1000万円(自己資金300万円)で始められる
  • 食パン専門店起業を講習&映像でマニュアル化

焼きたて食パン専門店「食ぱん道」は、全国にフランチャイズ展開中です。

合計資金1,000万円(自己資金300万円)で始められる高級食パンビジネスです。脱サラの方、早期退職の方も多く活躍しており、撤退率が低く利益率も高いため長く続けられることが特徴です。食ぱん道は、ブームの先駆けである有名食パン店の開発に携わったノウハウがあり、未経験でもこだわりの味を提供できる仕組みがあります。また、専門店であるため少ない人材と短期集中研修が可能な上、小資本で出店できます。

開業資金ロイヤリティ契約期間加盟店舗数
1000万円程度(自己資金が300万円以上あれば融資サポート、リースサポートあり)要問い合わせ要問い合わせ11店舗
食ぱん道の詳細

食ぱん道 公式サイト

パン屋のフランチャイズは市場動向や地域特性を意識して選ぼう

パン屋は安定した需要があり、比較的開業しやすい業種として人気があります。しかし、近年は競争が激化しており、成功するためには慎重な検討が必要です。

フランチャイズに加盟すれば、ノウハウやブランド力などを本部から借りることができるため、個人で開業するよりも成功しやすいといわれています。しかし、すべてのフランチャイズが成功するわけではありません。

パン屋のフランチャイズを選ぶ際には、加盟金やロイヤリティ、提供されるノウハウやパンの種類はもちろん、本部の理念やビジョンなどのさまざまなポイントを確認することが大切です。慎重に検討することで、成功に近づけます。

本記事で紹介したフランチャイズのなかに気になるところがあったら、まずは公式HPをチェックしてみてください。加盟費やロイヤリティ、詳しいサポート内容など、わからないことがあったら問い合わせをしてみましょう。なるべくたくさんのチェーンの情報を集め、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

フランチャイズの有名企業を業種別に紹介!人気の業種や成功するための本部選びも解説

フランチャイズの有名企業・有名店の実例

フランチャイズ展開している企業は多岐にわたります。ここでは、業種別に代表的な有名企業・有名店を紹介します。

【小売店】各種コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、手軽に生活に必要な商品を購入できることから、多くの人々に利用されています。フランチャイズ展開している有名企業としては、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどがあります。これらの企業は、店舗運営のノウハウや商品開発力に強みを持ち、安定した経営基盤を築いてきました。何より、全国に展開する大手チェーンとして圧倒的な認知度を誇り、顧客に安心感を与えています。

最近は「コンビニなんてどこも同じ」という客層が減り、「このコンビニが好き」と、ブランドで利用するお店を選ぶ人が増えてきました。そのため、運営会社の側でもブランディングが強く意識されるようになり、大手チェーン同士で差別化が図られています。

【カフェ】コメダ珈琲

コメダ珈琲はゆったりとした空間でくつろぎながら、コーヒーやスイーツなどの軽い飲食はもちろん、しっかりとした食事も楽しめる喫茶店です。ボリュームのあるメニューやふかふかの客席、明るい内装など独自のスタイルを追求し、顧客満足度の高い運営をしています。

フランチャイズオーナーが稼げる仕組み、リスクを抑える仕組みを積極的に構築していることでも有名です。たとえばコメダ珈琲のロイヤリティは店舗規模に応じた固定額制で、売上が上がってもロイヤリティは変わりません。「オーナーが頑張った分は、オーナーにきちんと還元したい」という、運営会社の理念がよく表れた仕組みです。

【ラーメン】らあめん花月嵐

飲食店のなかでも独立・開業を目指す人に人気なのがラーメン屋です。国民食と言っても過言ではないラーメンは需要が高く、山形県や新潟県などのラーメン店が多い県では、「ラーメン街」とも呼べる通りがいくつもあります。

ラーメン屋はフランチャイズのなかでも自由度が高く、サポートが充実した業種です。たとえばらあめん花月嵐ではいきなりオーナーになり出店するのではなく、正社員として働きながらスキルアップしていけます。ラーメン業界は未経験者の参入も盛んでライバルも多く、激しい競争のなかでも事業を継続できるようにと考えられた仕組みです。

ほかにも数百種類のレシピから自由にメニューを作れるチェーン、好きな屋号(看板)を掲げて営業できるチェーンなど、特徴的なフランチャイズが多い業界です。

【弁当】ほっかほっか亭

弁当で有名なフランチャイズといえば、やはりほっかほっか亭でしょう。弁当・中食ビジネスでいち早くフランチャイズシステムを導入したチェーンで、中食という言葉が生まれる前から業界を牽引してきました。

テイクアウトだけでなくデリバリーにも対応していること、営業中の直営店をレンタルして加盟できることなど、時流を捉えたシステムで売上と加盟店数を伸ばし続けています。

【フィットネス】エニタイムフィットネス

近年の健康意識の高まりや、身体を鍛えることによるメリットが研究により明らかになったことなどにより、フィットネスへの注目度が急激に高まっています。今やトレーニングはスポーツマンやボディビルダーだけのものではなく、ビジネスパーソンから主婦(夫)まで、一般の生活者にも浸透しました。

エニタイムフィットネスは「一般の生活者にとって本当に価値あるフィットネスジムとは何だろう?」という考えを軸に、24時間365日いつでも気軽に利用できるジムを提供しています。無理なく続けられる価格とトレーニングの内容、それでいて効果をしっかり実感できることが強みで、全世界で5,000以上の店舗が運営されています。

【学習塾】明光義塾

明光義塾は個別指導に特化した学習塾です。一人ひとりの理解度に合わせた指導で、学習効果の向上を目指しています。また、独自の教材やカリキュラムを開発しており、質の高い教育を提供しています。

進学塾のイメージが強いチェーンですが、小中学生向けのカリキュラムや教材も充実しています。小中学生向けの補習塾、高校生向けの受験対策の両面でターゲット層を広げられる、小中学生のうちから通っていた生徒から受験対策の高額コースの申し込みを狙える、戦略的な事業展開です。

【ハウスクリーニング】おそうじ本舗

おそうじ本舗はハウスクリーニング業界のパイオニアとして、高い技術力とサービス品質で知られ、全国に展開しています。独自の清掃方法や研修制度を導入しており、顧客満足度の高いサービスを提供しているチェーンです。

おそうじ本舗に限らず、ハウスクリーニング業界では無店舗・一人で開業できることが多いです。店舗を構える必要がなく、未経験でも研修を受けて短期間で独立できることから、スモールスタートしたい人や副業から始めたい人に人気です。

【買取】買取大吉

買取大吉は、貴金属やアクセサリー、切手などの買取ビジネスを行うフランチャイズです。

加盟店は買取販売ではなく、買取のみを専門とし、加盟店が利用客から買い取った商品は本部がそのまま買い上げてくれます。在庫を抱えるリスクも広い店舗も必要なく、コストと失敗のリスクを抑えて買取ビジネスをはじめられます。

オーナーにとっての安心感が高く、急成長したチェーンです。圧倒的なオーナーサポートが強みで、数千万円、数億円単位の売上実績を持つ店舗も複数あります。

フランチャイズの人気業種ランキング

近年、独立開業を目指す人々にとって、フランチャイズは魅力的な選択肢の一つとなっています。しかし、いざフランチャイズで開業しようと考えても、どの業種を選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

社会情勢を踏まえたニーズや加盟・開業のしやすさなどを軸にしたランキング形式で、フランチャイズのおすすめ業種を紹介します。

7位.結婚相談所

晩婚化や未婚率の上昇により、近年需要が拡大しているのが結婚相談所です。結婚相談所は、人々の幸せな人生をサポートする仕事であり、社会貢献度の高い業種といえます。また、比較的少ない初期費用で開業できるため、副業として始める人も増えています。

しかし、結婚相談所では人とのコミュニケーション能力やカウンセリングスキルが求められるため、誰でも成功できるというわけではありません。

6位.介護

高齢化社会の進展により、今後も需要が拡大していくことが予想されるのが介護です。2025年には、団塊世代がすべて75歳以上となり、介護市場はさらに拡大していく見込みです。

介護は、人々の生活を支える重要な仕事であり、社会貢献度の高い業種といえます。また、国家資格が必要となるため、専門的な知識やスキルを身につけることができます。

しかし、介護は、体力的な負担が大きい仕事であるため、体力に自信がない人は注意が必要です。

5位.学習塾

教育への関心の高まりから、安定した需要が見込めるのが学習塾です。少子高齢化により子どもの数は減っているものの、教育への関心が高い世帯は増えているため、「教育サービスのターゲット」も「教育市場の規模」も拡大しているのです。

学習塾は、子どもたちの学習意欲を高め、学力向上をサポートする仕事であり、社会貢献度の高い業種といえます。また、教員免許がなくても開業できるため、幅広い層から人気を集めています。

しかし、学習塾は、競争が激しい業種であり、経営ノウハウや指導力が必要となります。

4位.便利屋・ハウスクリーニング

近年、共働き世帯の増加や高齢化社会の進展により、需要が拡大しているのが、便利屋やハウスクリーニングです。

便利屋は、掃除や買い物代行、家具の組み立てなど、日常生活におけるさまざまな困り事を解決するサービスを提供します。ハウスクリーニングは、家庭やオフィスなどの清掃を行うサービスです。

これらの業種は、特別なスキルや資格がなくても開業できるため、副業として始める人も増えています。また、初期費用が比較的少ないため、小資本で始められるというメリットもあります。

しかし、便利屋やハウスクリーニングは、競争が激しい業種です。顧客満足度の高いサービスを提供するためには、丁寧な仕事とコミュニケーション能力が求められます。

3位.小売店

小売店は、生活に密着した業種であり、安定した需要が見込めることから、人気を集めています。

小売店には、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストア、衣料品店など、さまざまな業態があります。近年は、インターネット通販の普及により、ECサイトと連動した店舗運営も注目されています。

小売店は、比較的少ない初期費用で開業できる業態もあり、副業として始める人も増えています。また、自分の興味や経験に合わせた開業ができるというメリットもあります。

しかし、小売店は、競争が激しい業種です。顧客満足度の高いサービスを提供するためには、商品知識や接客スキルが必要となります。

2位.コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、24時間365日営業という利便性から、多くの人々に利用されています。近年は、高齢化社会に対応した健康志向の商品やサービスも増えています。

コンビニエンスストアは、フランチャイズ展開が盛んな業種であり、本部からのサポートが充実しています。また、安定した収益が見込めるため、投資目的で加盟する人も増えています。

しかし、コンビニエンスストアは、競争が激しい業種です。顧客満足度の高いサービスを提供するためには、店舗運営のノウハウや商品管理能力が必要となります。

1位.飲食業

飲食業は、人々の生活に不可欠な業種であり、安定した需要が見込めることから、常に人気の高い業種です。

飲食業には、レストラン、カフェ、ラーメン店、居酒屋など、さまざまな業態があります。近年は、健康志向や個性的なニーズに対応した店舗も増えています。

飲食業は、業態を選べば比較的少ない初期費用で開業できる業態です。特にキッチンカーは集客力の高いイベント会場、土日祝日のみ出店することもでき、副業として始める人も増えています。

しかし、飲食業は競争が激しい業種です。顧客満足度の高いサービスを提供するためには、料理の技術や接客スキル、経営ノウハウが必要となります。

有名企業のフランチャイズに加盟するメリット

フランチャイズ展開している企業は多くの場合、知名度や実績のある企業が本部となります。有名企業のフランチャイズに加盟するとどのようなメリットが得られるのかを紹介します。

ブランド力が高く集客しやすい

有名企業のフランチャイズに加盟する最大のメリットは、すでに確立されたブランド力(ブランドイメージ)がある状態で、経営を始められることです。知名度や認知度が高いブランドであれば、看板を見ただけでも商品やサービスがイメージしてもらえます。

特に、飲食店やコンビニエンスストアなどの業種においては、ブランドイメージが顧客の購買行動に大きな影響を与える場合があります。有名企業のブランド力を活用することで、新規顧客を獲得しやすくなり、集客効果を高めることができます。

また、有名企業のブランドは、顧客に対して安心感を与えます。顧客は、有名な企業であれば、品質やサービスに一定の信頼を置くことができるため、安心して利用できます。

資金力と規模を活かした仕入れができる

フランチャイズ本部による一括仕入れ

有名企業は、資金力と規模を活かして、有利な条件で商品やサービスを仕入れることができます。そのため、加盟店は、高品質な商品やサービスを顧客に提供できます。

また、有名企業は、独自に商品開発を行うこともあります。そのため、加盟店は、他店では手に入らないオリジナル商品を販売できます。

さらに、有名企業は、大量発注によるコスト削減や、物流網の効率化など、さまざまな方法で仕入コストを削減できます。そのため、加盟店は、競争力のある価格で商品やサービスを提供できます。

稼げる仕組みが確立されている

有名企業は、長年の経験とノウハウに基づいて、稼げる仕組みを確立しています。そのため、加盟店は、効率的な店舗運営を行うことができます。

マニュアルや研修によるノウハウとコンサルティングの提供、販促活動や広告宣伝のサポート、独自の顧客管理システムなど、大手だからこその仕組みがあるのです。これらの仕組みを活用することで、加盟店は、短期間で売上を立ち上げ、利益を上げることができます。

有名企業のフランチャイズに加盟するデメリット

有名企業のフランチャイズに加盟するデメリットは、風評被害のリスクと、自由度の低さです。加盟前にどのようなルールがあるのか、本部からのサポート体制はどのようなものなのかをしっかりと確認しておくことが重要です。

他店による風評被害のリスクが高い

有名企業のフランチャイズは、ブランドイメージが確立されている一方で、他の加盟店の影響を受けやすいというデメリットがあります。

例えば、他の加盟店が食品衛生法違反を起こした場合、ブランド全体に風評被害が及ぶ可能性があります。また、他の加盟店が顧客に対して不適切な対応をした場合、ブランドイメージが損なわれる可能性もあります。

有名企業のフランチャイズは加盟店が多い分、他の加盟店の影響を受けやすいというリスクがあります。加盟前に、ブランドイメージを守るための対策がしっかりと講じられているかどうかを確認することが重要です。

自由度の低いチェーンが多い

有名企業のフランチャイズは、本部からの指導やルールが厳しい場合があります。そのため、加盟店は、自由に経営を行うことができない可能性があります。

例えば、商品やサービスの価格やメニュー、営業時間、店舗のレイアウトなど、さまざまな事項について本部からの指示に従う必要があります。また、本部が定めた研修に参加する義務があったり、定期的に本部からの監査を受けたりする場合もあります。特に、近年はSNSの発達により、情報が拡散しやすくなっています。そのため、風評被害の影響が大きくなる可能性があります。

有名企業のフランチャイズには高いブランド力がありますが、だからこそ、ブランドイメージを守るために自由度が低いという側面もあります。自分の思い通りに経営を行いたい人には、向いていない可能性があります。

フランチャイズで成功するための本部の選び方

フランチャイズで成功するための本部の選び方

フランチャイズで成功するためには、加盟する本部の選定が最も重要と言っても過言ではありません。成功に導く本部の選び方のポイントを、具体的な方法と共に詳しく解説します。

なるべく多くのチェーンの情報を集める

まずは、興味のある業種や地域で展開しているフランチャイズチェーンをリストアップしましょう。インターネットや資料請求、展示会などで情報を集め、比較検討します。フランチャイズ比較サイトを活用し、業種や特徴などの条件を指定して検索するのもいいでしょう。

本部の理念やビジョン、方向性を確認する

加盟する前に、本部の理念やビジョン、事業に対する方向性を必ず確認しましょう。本部の理念やビジョンと自身の考えが一致していない場合、将来的に経営方針の違いによる対立が生じる可能性があります。本部の公式サイトや資料で理念やビジョンを確認する、説明会や相談会に参加して本部の経営者や担当者に直接質問するなど、本部の考え方について理解を深めましょう。

実際にお店やサービスを利用してみる

実際に店舗を訪れ、商品やサービスを体験してみましょう。顧客目線で品質やサービス内容を評価し、自分が本当にこの事業で成功できるかどうかを判断する必要があります。本部の理念やビジョンを知ったうえで、顧客として利用してみることで、より深く本部のことを理解できることもあります。

説明会や相談会に積極的に参加する

説明会や相談会に参加することで、本部から直接情報を聞き、疑問点を解消できます。加盟後のサポート体制や研修内容、トラブル発生時の対応など、不安なことは何でも質問しましょう。積極的に質問・相談することで、本部の誠意や信頼性を判断することもできます。

有名企業ならいいわけじゃない!フランチャイズで成功するには本部との相性が大切

フランチャイズ加盟を検討する際、多くの人が知名度の高い有名企業を選ぶ傾向があります。確かに、ブランド力や認知度という点では大きなメリットがあります。しかし、フランチャイズで成功するためには、知名度よりも本部の理念やビジョン、方向性と自身の価値観が一致しているかどうかが重要です。

本部の理念やビジョン、方向性と自分の価値観が一致していない場合、事業運営においてさまざまな問題が発生する可能性があります。

フランチャイズは、本部と加盟店が協力して事業を運営していくものです。そのため、本部の理念やビジョン、方向性と自分の価値観が一致しているかどうかは、成功の鍵といえるでしょう。

成功するフランチャイズオーナーになるには?平均年収や仕事内容、向いている人の特徴も解説

フランチャイズオーナーの平均年収

フランチャイズオーナーの平均年収は、業界・業種や店舗数によって大きく異なり、一概に金額を提示することはできません。ただ、業界・業種ごとの年収目安や特徴をお伝えすることはできます。

コンビニエンスストアの場合

平均年収は約700万円と比較的高い水準ですが、フランチャイズオーナー個人の年収ではなく、1店舗あたりの年収として捉える必要があります。夫婦で経営している場合は、夫婦合わせた年収が約700万円となります。

飲食業の場合

平均年収は約400万円~1,000万円と幅があります。飲食業はフランチャイズのなかでもロイヤリティが低い業種であるため、売上次第では高収入を得られる可能性があります。

塾の場合

平均年収は約300万円~600万円です。開業当初は地域に根付くまでに時間がかかるため、100万円程度の年収になることもあります。しかし、生徒の集客に成功し、店舗数が増えていけば数千万円の年収も期待できます。

リペア/ハウスクリーニングの場合

平均年収は約500万円~900万円です。技術や経験がなくても、研修制度が充実しているため、比較的短期間で開業できます。少ない資金でも開業しやすいこと、土日のみの副業としても取り組みやすいことから、融資を受けずに開業したい人やスモールスタートしたい人にも人気です。

買取の場合

平均年収は約1,000万円~1,400万円と、非常に高い水準です。高額な商品を扱うため専門知識や経験が必要ですが、フランチャイズに加盟し研修やマニュアルを活用することで、開業のハードルを低くできます。最近は加盟店が買い取った商品を本部が買い上げるモデルのチェーンも多く、在庫リスクを抑えて運営できると人気です。

コインランドリーの場合

平均年収は約300万円です。人件費を抑えられること、店舗に常駐する必要がないことから、副業として始める人も少なくありません。

フランチャイズオーナーの仕事内容

フランチャイズオーナーの仕事内容は、加盟するフランチャイズによって異なりますが、大きく3つに分けられます。具体的な仕事内容やオーナーとして意識すべきことについて解説します。

経営管理

店舗の運営に必要な資金調達、売上管理、人材の採用・教育、店舗運営に関する意思決定などを行います。本部からの指示に従いながら、店舗の経営状況を常に把握し、適切な判断を下すことが求められます。

これらは経営者としての業務です。ある程度は人に任せることもできますが、資金調達や意思決定などの重要な業務はオーナー自らが行わなければなりません。

店舗運営

店舗の清掃、商品陳列、接客、顧客対応、トラブル対応などを行います。店舗の規模や業種によって具体的な業務内容は異なりますが、顧客満足度向上と売上拡大のために、常に努力する必要があります。

これらの業務は、いわゆる店長業務です。ただ、オーナーは店長と違い、店舗運営だけでなく経営判断も行わなければなりません。雇用した店長にこれらの業務を任せ、オーナー自身は経営に専念するのもいいでしょう。「自ら店頭に立ちたい」「独立・開業したばかりで資金がない」という場合はオーナーが店長業務をすることが、「多店舗展開したい」「経営が軌道に乗ってきたから余裕をつくりたい」という場合は雇用した店長に任せることが多いです。

本部との連携

本部からの指導や研修を受け、経営ノウハウを習得します。また、定期的に売上報告や店舗運営状況の報告を行う必要があり、本部との密なコミュニケーションが求められます。

店長を雇用している場合、店長との連携を意識しながら本部とコミュニケーションを取らなければなりません。店長とオーナーの間で認識の齟齬があると、スムーズな店舗運営が難しいでしょう。

本部主導の研修やイベントなどに店舗スタッフを連れて行く機会もあるはずです。このようなときは現場を直に見ている店長と話し合い、どのスタッフを連れて行くのか、スタッフの育成プランと併せて考えることが大切です。

フランチャイズオーナーになるメリット

フランチャイズオーナーになることで、自力で起業するよりも少ないコストとリスクでビジネスを始められます。その理由を、フランチャイズオーナーになる3つのメリットと併せて紹介します。

メリット1.未経験でも開業しやすい

フランチャイズオーナーになる最大のメリットは、未経験でも比較的容易に開業できることです。

フランチャイズ本部から経営ノウハウや店舗運営マニュアルが提供されるため、ビジネス経験がなくても、必要な知識やスキルを身につけられます。また、研修制度が充実しているため、実践的なスキルを習得してから独立・開業できます。

開業資金の調達や店舗物件の選定などのサポートを受けられる場合もあり、自力での開業に比べて、コストやリスクを抑えながら事業を始められます。

メリット2.多店舗展開がしやすい

フランチャイズシステムは、ブランド力やノウハウを活かして、比較的容易に多店舗展開できます。

1店舗目の成功を基に複数の店舗を展開することで、売上を拡大し、経営を安定化させられます。本部からのサポートも受けられるため、より安全に、より効率的に多店舗展開を進められるでしょう。

2店舗目以降はスケールメリットを活かして、コストを抑えながら運営できるため、加速度的に利益率を伸ばしていけます。

メリット3.コストを抑えて開業・運営できる

フランチャイズと個人店のコスト比較

フランチャイズでは本部からの支援により、コストを抑えて開業・運営できます。そのため、自己資金が少ない人、融資を受けずに自己資金のみで開業したい人におすすめです。

商品仕入れでは、フランチャイズ本部がまとめて商品を仕入れるため、一括(大量)仕入れによる割引価格で商品を購入できます。加盟するチェーンによりますが、フランチャイズ本部が統一的な広告宣伝活動を行うため、広告宣伝費も削減可能です。

何よりフランチャイズ本部から店舗運営に関するノウハウやシステムを提供されるため、効率的に運営できます。マニュアルも充実しているため、スタッフの育成にかかる労力も最小限です。

フランチャイズオーナーになるデメリット

フランチャイズオーナーになることには、メリットだけでなく、デメリットも存在します。開業前にしっかりと理解し、慎重に検討することが重要です。

デメリット1.自力での開業に比べて自由度が低い

フランチャイズオーナーは本部からの指導を受けながら運営するため、自力での開業と比べて自由度が低くなります。

店舗運営は本部が定めたマニュアルやルールに従う必要があり、商品仕入れは本部指定の商品に限られます。価格設定も自由にできず、本部が定めた価格で販売しなければなりません。これらの制限により、独自のアイデアを活かした経営は難しくなります。自由に商品を選びたい人、自分のアイデアや顧客の声を活かしてサービスを改善していきたい人には窮屈かもしれません。

営業時間や定休日の定めがあり、オーナー自ら店頭に立つ場合、自由な働き方も難しいかもしれません。「せっかく独立したのに、会社員の頃とあまり働き方が変わっていない」「会社員だった頃よりも忙しくなった」とならないよう、加盟前にこれらの縛りについてよく確認しておきましょう。

デメリット2.競業避止義務や違約金の縛りがある

違約金と競業避止義務による制限

フランチャイズ契約には、競業避止義務や違約金の縛りがある場合があります。

競業避止義務とは、契約期間中はフランチャイズと同業種の事業を行ってはいけないという制限です。フランチャイズ契約の解約後も、一定期間有効であることが多いです。そのため、「自分で事業を起こすために、フランチャイズに加盟してノウハウを学んでから独立しよう」という考え方はおすすめできません。

また、フランチャイズには契約期間の定めがあり、期間内に解約すると違約金を支払う必要があります。事業が赤字でも違約金がネックになり、なかなか解約(廃業)できないというケースもあるでしょう。

これらの義務や縛りにより、事業の撤退や業態変更が難しくなり、経営リスクを高める可能性があります。

デメリット3.他店による風評被害のリスクがある

フランチャイズシステムは、同じブランドを掲げて運営するため、ほかの店舗による風評被害を受けるリスクがあります。

ほかの店舗で食中毒や顧客トラブルが発生する、サービス品質が低いなどの問題が起こると、チェーン全体の信頼低下や売上減少につながる可能性があります。自店舗は直接的な関係がなくても、顧客離れや売上の減少といった影響を受けるかもしれません。

フランチャイズオーナーになる前に、ブランド全体の評判やほかの店舗の運営状況を十分に確認し、風評被害のリスクを理解しておくことが重要です。自店舗において顧客満足度向上や高品質なサービス提供に努めることで、風評被害の影響を受けにくくすることもできます。

フランチャイズオーナーに向いている人

フランチャイズオーナーは、責任感と自立心を持って、自らの判断で経営を進めていく必要があります。さらに、高い協調性と主体性を兼ね備え、本部との良好な関係を築きながら事業を運営していくことが重要です。フランチャイズオーナーに向いている人の特徴を3つ紹介します。

責任感と自立心がある人

フランチャイズオーナーは、店舗運営の責任をすべて負います。売上や利益はもちろんのこと、従業員の管理や顧客対応など、さまざまな課題に自らの判断で対応していかなければなりません。そのため、責任感と自立心を持って、積極的に行動できることが求められます。

売上目標達成のために独自のマーケティング戦略を立案・実行できる人、顧客満足度向上のため従業員教育に力を入れられる人、経営状況を分析し必要に応じて改善策を実行できる人などが向いています。

協調性と主体性が高い人

フランチャイズオーナーは、本部との良好な関係を築くことが重要です。本部は経営ノウハウや店舗運営マニュアルを提供するだけでなく、さまざまな課題解決を支援します。本部からの指導を受け入れる素直さ、積極的にコミュニケーションを取っていく協調性が必要です。

その一方で、自らの意見を積極的に提案し、経営者として前のめりに行動していく主体性も必要です。

本部のマニュアルやアドバイスをすぐに、そのまま実践できる人、わからないことや不安なことがあればすぐに質問できる人などが向いています。

忍耐力がある人

フランチャイズオーナーになっても、すぐに結果が出るものではありません。長期的な視点で、忍耐強く努力を続けることが求められます。

短期的な利益よりも長期的な視点で経営を考えられる人、困難な状況でも諦めずに努力を続けられる人、目標達成に向けて計画的に行動できる人などが向いています。

また、フランチャイズオーナーには主体的・積極的に行動していく力が求められますが、ここぞの場面での慎重さも大切です。「すぐに開業したい」とはやる気持ちを押さえて準備ができる人、事業拡大に向けて情報を集めたり資金を用意したりできる人も、フランチャイズオーナーに向いています。

自力での独立・開業に向いている人

自力での独立・開業は自由度が高いと同時に、責任やリスクも大きいです。成功するには強い意志とさまざまな課題を乗り越える力が必要です。自力での独立・開業に向いている人の特徴を3つ紹介します。

強い意志と情熱

独立・開業には、明確な目的意識と強い意志が必要です。目的意識がはっきりしていないと、困難にぶつかったとき、それを乗り越える気力がわいてきません。自分が本当にやりたい事業を明確に理解している人、困難な状況でも諦めずに努力を続けられる人などが向いています。

フランチャイズオーナーと異なり本部からのサポートがなく、すべての課題を自分の力で乗り越えなければなりません。そのためには強い意志力が必要ですが、意志力を保つにはコツがあります。たとえば栄養バランスの取れた食生活や十分な睡眠時間、適度な運動などを心がけることで、メンタルをフラットな状態に保てます。このことを理解し、自分で自分をケアする力も必要です。

問題解決能力

独立・開業には、予期せぬ問題や課題が常に発生します。このような事態に陥っても冷静に、自ら問題の解決策について調べたり考えたりする力が必要です。柔軟な思考でさまざまな解決策を検討できる人、失敗から学び改善していくことができる人、適切な相談相手を探してアドバイスを素直に受け入れられる人などが向いています。

特に重要なのが自分の頭で考える力です。インターネットが普及した現代では、わからないことがあっても検索ですぐに調べられます。しかし、経営課題の解決方法は調べて見つかるものではありません。検索したり人に相談したりして得たヒントをもとに、自分の頭で考える力が必要です。

コミュニケーション能力

独立・開業を成功させるには、顧客や取引先と良好な関係を築くこと、困難な状況に陥ったときに相談したり助け合ったりできる協力者を見つけることが欠かせません。

特に自力での開業ではフランチャイズ本部からのサポートがないため、自力で協力者や取引先を見つけなければなりません。顧客のニーズを丁寧に聞き取り適切な提案ができる人、相手に信頼感を与えるコミュニケーションを取れる人などが向いています。

フランチャイズオーナーになる方法と成功のポイント

フランチャイズオーナーになり成功するには、事前にしっかりと情報収集を行い、自分に合ったフランチャイズ本部を選ぶことが重要です。経営者としての自覚を持ち、本部と協力しながら事業を進めていく必要もあります。

そのために大切な5つのポイントを紹介します。

ポイント1.複数のフランチャイズを比較・検討する

複数のフランチャイズを比較・検討することで、自分に合ったフランチャイズを見つけられます。比較するポイントには、事業内容、初期費用、ロイヤリティなどがあります。まずはフランチャイズ比較サイトや加盟店募集の要項、資料請求などを通して、これらの情報を集めましょう。

ポイント2.各チェーンの稼げる仕組みやサポート体制をチェックする

各フランチャイズチェーンの収益モデルやサポート体制をしっかりと確認することが重要です。収益モデルには、ロイヤリティや使用料などによる継続的な収入、商品販売収入、サービス提供収入などがあります。理想とする働き方や地域特性などを軸に、自分に合う収益モデルを選びましょう。

たとえば不労所得をつくりたいなら、コインランドリーや格安SIMの販売代理店などが適しています。コインランドリーは定期的な清掃や備品の補充こそ必要ですが、スタッフを常駐させる必要がなく、不労所得に近い収入源になりえます。格安SIMの代理店のなかには、ユーザーが支払う月額料金の一部が、契約を獲得した代理店に継続して入るものがあります。

稼げる仕組み、リスクヘッジのための仕組みも大切です。たとえば買取販売のフランチャイズでは、加盟店が一般消費者から買い取った商品を、本部がそのまま買い取ってくれるところがあります。このような仕組みなら、加盟店は在庫を抱えるリスクがありません。

サポート体制では開業支援はもちろん、開業後の運営支援も充実していることを確認しましょう。どのようなマニュアルが提供されるのか、定期的に研修が開かれるのか、スーパーバイザーの訪問はあるのかなどが主な確認ポイントです。

ポイント3.「自分との相性」も重視して本部を選ぶ

フランチャイズオーナーにとって、本部は事業運営のパートナーとなります。そのため、本部の経営理念や価値観に納得・共感できるかが重要です。考え方が合わないと、本部からのアドバイスを素直に受け入れられないでしょう。経営方針が合わなければ、事業に対するモチベーションが一気に下がってしまうかもしれません。

ロイヤリティやサポート体制などの条件面も大切ですが、事業へのモチベーションを維持するには、このような相性が重要です。

ポイント4.経営者としての自覚を持ち、対等なパートナーとして本部と接する

フランチャイズオーナーは、経営者としての自覚を持つことが重要です。本部からの指示やアドバイスに従う必要はありますが、自らの判断で経営を進めていくことも大切です。

わからないことや不安なことを相談したり、定期的に開かれる研修に参加したり、本部からのサポートを徹底活用することは大切です。しかし、本部に頼りきりの姿勢ではいけません。本部とは対等なパートナーとして接し、積極的に意見交換を行うことを心がけましょう。

ポイント5.オーナー自身や家族の人件費を忘れない

収益計画を立てる際には、オーナー自身や家族の人件費も忘れずに考える必要があります。人件費を削減するためにオーナーや家族が店頭に立ち働くということは多いです。

自分や家族への給料を考えず、ただ人件費の削減のために店頭に立つということを続けていると、自分の首をどんどん絞めていくことになります。自分や家族への給料を考慮に入れることで、より現実的な収益計画を立てられます。

フランチャイズオーナーには高い協調性と主体性が求められる

フランチャイズオーナーが成功するには、本部との連携が欠かせません。高い協調性を持ち、本部からの指示やアドバイスを素直に受け入れ、積極的にコミュニケーションを取ることが重要です。

その一方で、フランチャイズオーナーは経営者であり、自らの判断で店舗運営を行う必要があります。本部からの指示に従いながらも、言いなりになるのではなく、主体的に考え行動することも重要です。

フランチャイズオーナーは、協調性と主体性の両方をバランスよく持ち合わせている必要があります。この2つの資質は今の仕事や普段の生活での心がけで鍛えれます。今すぐフランチャイズオーナーになる予定でなくとも、これらを意識し、フランチャイズオーナーとしての資質を養っておきましょう。

おすすめフィットネスジムフランチャイズ比較7選|開業費用・収入目安・メリット

フィットネスジムフランチャイズの種類・収入目安

フランチャイズで独立を検討している方でフィットネスジム の運営を検討している方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、フィトネスジムのフランチャイズの種類や収入などをご紹介します。

フィットネスジムの主な種類

フランチャイズのフィットネスジムには実は様々な種類があります。開業に向けた必要なものなども異なるため、きちんと把握しておきましょう。ジムのフランチャイズの種類は大きく下記の5種類があります。

ジムフランチャイズの種類特徴
一般的なフィットネスジムトレーニング用設備・器具が設置済み 複数人のスタッフでジム運営 一定の店舗の広さが必要
パーソナルジム個別にマンツーマンで指導 個人の目的・身体能力に合わせたプログラム 広さは不要で小さなスペースで運営可能
グループ指導ジム1~複数人のトレーナーが会員をグループ指導 一定の店舗の広さが必要
客層を絞ったジム女性・高齢者など入会対象を限定している 客層に特化したプログラムを提供している
24時間営業のジム24時間自由に利用が可能 無人店舗経営が可能な場合もある
フィットネスジムの主な種類

フィットネスジムフランチャイズの収入目安・相場

フィットネスジムのフランチャイズを始めるにあたり実際にどれくらい稼げるのか気になる方も多いのではないでしょうか。フランチャイズの収入の相場は形態や立地の影響もありますが、平均年収500万円程度といわれています。

例えば、24時間フィットネスジムのフランチャイズのLifeFitの場合、30坪で完全無人の店舗の場合売上目安は月104万円、80坪の半無人の店舗で月278万円、100坪の広さで有人の店舗で月348万円程度といわれています。オーナーの工夫なども伴えば年収1,000万も可能です。

フィットネスジムのフランチャイズ開業に必要な資金

フィットネスジムのフランチャイズ開業にはどの程度資金が必要なのでしょうか。開業資金・運営資金をご紹介します。

開業資金・初期費用

フィットネスジムに必要な費用は500−3,000万円程度といわれています。必要になる資金としては、加盟金・研修費・物件取得費・機材などの設備費です。加盟金はフランチャイズにより相場が変動しますし、店舗の規模によっても大きく変わります。また、近年増えている24時間フィットネスジムや女性専用ジムなどはセキュリティ設備の費用もかかります。

  • 加盟金
  • 研修費
  • 物件取得費・内装工事
  • トレーニング機材などの設備

運営資金・ランニングコスト

店舗を開業したあとにも運営資金(ランニングコスト)が必要です。運営資金としては、店舗家賃・人件費・水道光熱費・宣伝広告費・ロイヤリティなどがあり、3ヶ月で300万ほどといわれています。フランチャイズ本部へのロイヤルティの支払いに加えて、ジムやシャワーを設けると水道光熱費も高めになる可能性があります。

  • 店舗家賃
  • 人件費
  • 水道光熱費
  • 広告費
  • ロイヤリティ

おすすめフィットネスジムフランチャイズ比較7選

具体的にフィットネスジムフランチャイズをご紹介します。

LifeFit(ライフフィット)

LifeFit(ライフフィット)
  • 初期費用は従来の24H型に比べて1/4
  • 3年以内に黒字化
  • 運用負担を大幅カット

LifeFitは、「最も通いやすく」を追求した次世代型フィットネスです。開業時にかかる費用を見直し、独自の仕入れルートなどを用意し初期費用コストを抑え、専用アプリなど独自システムを導入することで運用負担も抑えられます。出店形態も様々なパターンを用意しているため、オーナーの希望に沿った開業が可能です。

詳細はこちら:https://lifefit.tech/hp/fc

9ROUND(ナインラウンド)

9ROUND(ナインラウンド)
  • 世界23カ国展開の新感覚サーキット型
  • 少額の初期投資から始められる
  • 複数のロイヤリティ

9ROUNDは世界23カ国で展開している新感覚サーキット型のキックボクササイズです。他フランチャイズと比べても初期投資を抑えることができ、オーナーの形態や規模に合わせた複数のロイヤリティタイプが用意されているのが特徴です。

詳細はこちら:https://9round.jp/franchise/ 

ダイエットパートナー

ダイエットパートナー
  • 全国45店舗展開
  • 多数のフィットネスメディアを運営
  • リスクを抑えて開業が可能なプラン

ダイエットパートナーは、全国45店舗で展開しているパーソナルジムブランドです。本部はフィットネスジムだけでなくフィットネスメディアも運営しており、メディアによる集客をしてくれます。収益だけ獲得したい人向けのおまかせプランとパーソナルジムを運営したい人向けのスタンダードプランがあります。

詳細はこちら:https://dietpartner.jp/recruit/fc/ 

ハコジム

ハコジム
  • 無人運営の個室ジム
  • 個室×AIを活用したユニークなジム
  • 20坪から開業可能

ハコジムは、無人運営ができる個室型ジムのフランチャイズです。AI×個室を活用してAIスマートミラー、パーソナルトレーナーなどのサービスを提供しているユニークなジムです。20坪から開業可能なため、現在の空きテナントを活用した事業を検討している人にもおすすめです。

詳細はこちら:https://hacogym.jp/fc/ 

アシスト24

アシスト24
  • 九州を中心に47店舗展開
  • 1名の従業員から運営可能
  • 月間営業利益50万以上も可能

アシスト24は、24時間フィットネスジムのフランチャイズです。九州を中心に47店舗以上を展開しています。未経験の方にとっても本部のフォロー体制がしっかりしており、トレーナーのトレーニングなども充実しています。また、月間営業利益50万円以上も可能で高年収も狙えます。

詳細はこちら:https://24fitness-assist.com/fc 

エニタイムフィットネス

エニタイムフィットネス
  • 全世界2,000店舗以上が展開、日本では1,100店舗達成
  • マシンジムに特化
  • 世界全店利用可能などのネットワークで集客につながる
  •  

エニタイムフィットネスは、全世界に2,000店舗以上、日本では1,100店舗達成しているフランチャイズです。マシンジムに特化していることでジムの特徴が明確になり、会員は世界全店利用可能などのネットワークをフル活用できる点が強みです。

詳細はこちら:https://www.anytimefitness.co.jp/franchise/ 

ファストジム24

ファストジム24
  • 24時間365日営業
  • 小商圏型で展開可能
  • 1ヶ月に1度の定期ミーティングなどFC本部からのフォローが充実

ファストジムはティップネスが運営しているマシンジム型のフランチャイズです。マシンジム型に特化することで初期手数料、ランニングコストの削減を目指しています。また、1−2kmの小商圏型でビジネスが可能なモデルが特徴です。

詳細はこちら:https://fastgym24.jp/franchise/

フィットネスジムフランチャイズのメリット

フィットネスジムに加盟するメリットは何でしょうか。大きな3つのメリットをご紹介します。

フランチャイズ本部のノウハウを活用して未経験からでも開業できる                                                                                                                

フランチャイズに加盟する場合、フランチャイズ本部からのノウハウの共有や幅広いサポートを受けることができるため、未経験からでも開業をすることができる点です。フランチャイズに加盟することで、トレーニングや栄養学などもカリキュラムに組まれており、営業以外の知識を得られます。

知名度やブランド力を利用し集客コストを抑えられる

ジムを運営する時に重要になるのはどのように集客をするかです。フランチャイズであれば、知名度やブランド力を活用することで集客に繋げることができます。フランチャイズに参加することで集客コストを抑えることができます。

市場規模も回復し安定した収入が期待できる

フィットネスジムは、安定した収入が期待できます。フィットネスジム市場はコロナ禍の影響で一時的に落ち込みがありましたが、現在大きく成長している市場です。特に24時間フィットネスジムやパーソナルジムという形態への注目が高まっており、ターゲット層の拡大も期待できます。

また、ジムの形態は会員制であり、ロングタームでの安定した収益が見込めることも大きな特徴です。

フィットネスジムフランチャイズのデメリット

フィットネスジムでフランチャイズに加盟することのデメリットは何でしょう。

加盟金・ロイヤリティが発生する

1つは、加盟金やロイヤリティが発生することです。ロイヤリティはブランドによって変わりますが、売上の一定の割合などが月額かかりますし、加盟金も決して安くはありません。もちろんそれらはブランドの利用やノウハウの共有などのサポート受けるためには必要なことですが、一定の負担があることは把握しておきましょう。

フランチャイズ本部のブランドイメージに左右される

2つ目はフランチャイズ本部のイメージに左右されてしまうということです。フランチャイズ本部がトラブルなどを起こした場合、関係なかったとしてもフランチャイズ本部にも影響を受けてしまいます。フランチャイズのブランドを使うメリットももちろん大きいですが、そのデメリットも発生しうることを認識しておきましょう。

フィットネスジムフランチャイズ開業時の準備

最後にフィットネスジムフランチャイズを開業するために必要な準備をご紹介します。

開業する店舗決定

1つ目は、開業するための店舗選びです。店舗はオーナー自身で用意したほうが良い場合が多いですが、フランチャイズによっては物件取得のサポートをしてくれる場合もあるため、加盟を検討しているフランチャイズに確認をしておきましょう。また、パーソナルジムの場合、マンションの一室などでも展開は可能ですが、トレーニング機器などが導入する場合は事前に確認が必要になります。

スタッフの採用・教育

2つ目は、スタッフの採用や教育です。オーナーとして店舗運営をしていく場合は、別にインストラクターを採用することになります。スタッフを採用する場合にはフランチャイズの方針やトレーニングの仕方などを教育しなければいけないことも把握しておきましょう。

資格・免許の取得

3つ目は資格・免許の取得です。ジムを開業すること自体は免許・資格も必要ありません。しかし、競合との差別化なども含めてNSCA-CPT、NESTA PFTなどの資格を取得することはアピールポイントにもなるためおすすめです。

フランチャイズオーナーの年収は?高年収が狙える業界・年収を高めるポイント

独立や開業を検討している人でフランチャイズへの加盟を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、フランチャイズではどれくらい稼げるのか気になっていらっしゃるでしょう。今回の記事ではフランチャイズオーナーの年収に関して、業種別でご紹介します。是非参考にしてください。

フランチャイズオーナーの年収相場は?

フランチャイズオーナーの年収の相場は、業種や店舗の大きさでも変わるため一概にはいえません。しかし、ボリュームゾーンとしては、半数くらいが年収300万‐500万円といわれています。続いて2割程度が年収500−700万程度、1割が150−300万円程度です。1千万以上稼いでいるオーナーもいらっしゃいますが、5%程度といわれています。

高年収を実現しやすい業種・想定年収

フランチャイズの業種によっても年収は大きく異なります。特に高年収を実現できる5つの業種をご紹介します。

飲食業界

1つ目は飲食業界です。飲食業界はフランチャイズ展開が昔から行われており、人気な業種です。ロイヤリティも5%未満のフランチャイズが多く、平均年収は400万−500万円ほどといわれていますが、店舗のサイズや人気のメニューを選ぶことで高年収を狙うこともできます。

リペア・修理業

リペア・修理業とは、スマホや洋服などの修理を行う業種です。修理対象にもよりますが、1年で700万円程度見込めるといわれています。リペア・修理業は、店舗面積が小さくても良く、在庫リスクを抱える必要がなく初期費用が抑えられることもあります。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、フランチャイズの代名詞といわれており、オーナーの年収は平均700万円程度といわれています。フランチャイズブランド自体の知名度が高いため、オーナーの工夫次第で高い収入につながる可能性があります。

高齢者宅配サービス

高齢者宅配サービスとは、個人や病院などの高齢者向けに食事を届けるサービスです。平均年収は700万円程度と言われており、経営がうまく行けば1000万円を超えるといわれています。高齢者宅配サービスは、今後高齢者の増加に伴い確実に市場が成長していくでしょう。今後の市場成長に伴い年収アップが見込めます。

ハウスクリーニング

一般家庭の住居の清掃専門業であるハウスクリーニングは平均900万円程度と言われており、高年収が見込める業種です。少額の自己資金でも加盟ができ、共働き世帯や高齢者の増加に伴い市場の成長が見込まれます。ただ、参入者が増えることも予想され今後ハードルが高くなると考えられます。

副業からでも高年収が期待できる業種

フランチャイズを本業でなくても副業でも経営がしやすくて高年収が期待できる業種もあります

コインランドリー

コインランドリーは、無人経営も可能で副業に適しており、事業が軌道にのってくると年収300万円程度見込めます。しかし、初期費用で2,000万円近く掛かる可能性があり、開業からすぐに利益を得るのは難しいです。

コインパーキング

コインパーキングは副業としても人気の業種です。もし、適した土地を保有している場合にはおすすめです。コインパーキングの規模にもよりますが、年収は平均400万円程度といわれています。

ネットショップ

ネットショップは、利用者の拡大が続いている業種の一つです。一定の顧客が付けば安定した収入を得られる業種であり、平均年収は150万−180万円程度といわれています。

フランチャイズで高年収を獲得するための6つのポイント

フランチャイズで高年収をどのように獲得すればいいのか、6つのポイントをご紹介します。

高年収を実現しやすいフランチャイズへの加盟

1つ目は、高年収を実現しやすいフランチャイズに加盟することです。フランチャイズによっては需要が伸びず、大きく稼ぐのが難しいフランチャイズもあります。高年収を目指している場合は、需要なども鑑みながらフランチャイズを選ぶようにしましょう。

本部任せにならず主体的にビジネスへ取り組む

2点目は主体的にビジネスに取り組むということです。フランチャイズに加盟する方の中には、フランチャイズ本部に任せておけば稼げると思っている方もいるかもしれません。しかし、フランチャイズ本部の言うことだけを聞いていても稼げるわけではありません。主体的にビジネスへ取り組み工夫をすることで収益が上がるようにしましょう。

リピーター・ファン獲得に力を入れる

3点目は、リピーター、ファン獲得を行うことです。フランチャイズの売上を安定させるために重要な要素の一つがリピーター、ファンの存在です。オーナーにとって重要なのが、リピーターやファンが定着してくれるように質が高いサービスを提供することです。それ以外にポイントカードの導入などで継続して訪問してもらえる仕組みづくりを行うことも大事です。

多店舗展開を検討していく

4点目は、多店舗展開を行うことです。1店舗での展開がうまくいくと多店舗運営するチャンスが出てきます。多店舗を運営すれば収入源が増えるため、高年収につながるチャンスも増えます。しかし、いきなり多店舗展開も難しいです。まずは1店舗の運営を成功させて本部との関係を築くことを目指しましょう。

ネットを活用した販促・広告活動

5点目は、ネットを活用した販促・広告活動をすることです。例えば、InstagramやFacebookなどのSNSを用いることで費用をあまりかけずにファンを作ったり、お店の宣伝をしたりできます。ネットを上手く活用して効率的に集客を目指しましょう。

ランニングコストを抑える

6点目は、ランニングコストを抑えることです。フランチャイズを運営する場合、どうしても売上の方に意識が向いてしまいがちです。しかし、利益を上げるためには売上だけでなく、コストも抑えることが重要です。例えば、人件費・光熱費などが抑えられる工夫をしましょう。